ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

井熊亮プロデュース!サーフトライブSLS(スーパーライトショアジギング)モデルが登場【ジグ中心に色んなルアーが使える】

軽いメタルジグ、シルエットの小さなメタルジグを使い、様々なフィッシュイーターを狙うスタイル「スーパーライトショアジギング (SLS) 」が各地で人気!
SLSが人気を集めている理由は魚の大きさ問わず、ライトなタックルを使用する事でダイレクトに魚とのファイトが楽しめる点!

そんな中、釣りジャック黒豹「井熊亮」さんがプロデュースする注目の SLS(スーパーライトショアジギング)対応ロッドが2021年初夏に登場。それは…

井熊 亮「駿河の黒豹」( Ryo Ikuma ) プロフィール

Jackson誕生と同じ1980年生まれ。幼少期から学生時代はバスフィッシングに明け暮れ、社会人になりソルトルアーの道へ。関西在住時にはシーバスメインで釣行を重ね現在、Jackson Salt Water Pro Staff 「駿河の黒豹」として静岡にて活動中。

 

サーフトライブ SLS(スーパーライトショアジギング)モデル
井熊亮プロデュース STSLS-9062L+【ジャクソン】
Surf Tribe SLS model

2021年6月末~7月上旬登場

SLSの釣りは基本的には15g前後の軽いメタルジグを使用しショアジギングを行う釣りだけど、いざ実際に釣りをはじめると、使用するルアーはメタルジグだけとは限らず、ミノーやシンキングペンシル、ジグヘッドワームなどさまざまなルアーを使う展開が多い。

そんな現実を踏まえて、井熊さんがこのロッドに求めたのは、メタルジグの使用には特化しているものの、プラグなど色々なルアーを使えるオールマイティーさ!

MAX30gのあらゆるルアーを遠投するべく、ブランクスとガイドセッティングにこだわったロッドになっているとのこと。

Length(cm / ft) Price 継数 仕舞寸法 Power Action Lure Line 先径 Material
290cm / 9ft6in ¥26,000 2本 148cm Light +POWER Fast MAX30g PE #0.4-1 1.7mm カーボン繊維98% ガラス2% エポキシ樹脂

ジャクソン公式サーフトライブ SLS(スーパーライトショアジギング)モデル詳細ページはこちら

 

 

 

井熊亮がサーフトライブ SLS(スーパーライトショアジギング)モデルを解説
(4:23~)

出典:YouTubeチャンネル「studio jackson」

 

具体的に特長を挙げてみると……

・ブランクスは40tカーボンをメインで使用
・ティップはやや硬めですがバイトを確実に捕らえる事の出来る感度・柔軟性を持たせてある
・ベリーからバットにかけてはメタルジグの操作を確実に行う事が出来る張り、魚のサイズ問わず引きを楽し
めるブランクス
・キャスト後にきちんとティップのブレが収束し狙ったポイントへ確実にルアーを届けられることが考えられたキレのあるシャープなロッドに仕上がっているとのこと。

ちなみにこのロッドはサーフだけでの使用に留まらず、港湾や堤防などルアーフィッシングを行う事の出来るポイントでの使用も考え、9ft6inのレングスに設定され、取り回しの良さも高いロッドになっているとのこと。

 

デザイン性と機能性を兼ね備えたアルミパーツを採用

ジグの操作をサポートするEVAフードパーツ

いやぁー登場が楽しみですね!

ジャクソン公式サーフトライブ SLS(スーパーライトショアジギング)モデル詳細ページはこちら