ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

春のサーフはスモールシルエットがカギ!エクリプスのシンキングミノー「ハウルーラ・ギベ70」

年中楽しめるサーフゲーム。

しかし、年中楽しめるからといってもシーズンのベイトパターンの把握は重要です。

春の季節のサーフのメインベイトとなるのはイワシの稚魚やハク(ボラの稚魚)、アミ、シラスといった小さなベイト。

特にこの時期はカタクチイワシが接岸し、サーフや磯場でも群れなどを目撃するかと思います。

今回ピックアップするのはエクリプスの「ハウルーラ・ギベ70S」

カタクチイワシが接岸する今の季節に大活躍する小型のシンキングミノーです。

このハウル―ラ・ギベ70Sは全長70mm、11gと程よいサイズ感で、しっかり飛ばすことができる性能です!

シルエットもカタクチイワシにそっくりで、この時期のベイトパターンにマッチするサイズ感となっています。

春の時期は逆に大きすぎるシルエットのミノーやシンキングペンシルでは見切られてしまうことが多く、ベイトサイズにあわせたルアーで、手前をじっくりと探るのがオススメ!

イワシなどのベイトの群れを見つけたなら、そこにマゴチやヒラメなども寄ってきている可能性が高く、念入りに探るのが釣果のカギとなります。

ちなみにハウルーラ・ギベ70Sの操作は基本タダ巻き。

反応がなければジャークやトゥイッチを入れつつ、時折フォールで食わせの間を作ってあげるのがポイントです!

波のなかでもしっかり泳ぐスイム性能

このハウルーラ・ギベ70Sの強みは小さいシルエットでの水押しの強さにあります!

強い波動で集魚力も高く、リトリーブスピードによってアクションの強弱の変化もつけられるので、寄せて掛けるアプローチができます!

これからの時期は小型の青物の回遊も増えるため、夏のシーズンまで活躍できる性能になっています!

エクリプス公式ハウルーラ・ギベ70S詳細ページはこちら

ルアーローテーションのポイント

ハウルーラ・ギベ70Sで反応がなければ同サイズのバイブレーションで探るのもオススメです。

同じくエクリプスから出ているキールバイブ62(キールバイブ75)はギべ70Sでは探れない縦のアプローチに特化した性能となっているので、併せて準備しておきましょう。

キールバイブの誘いはボトムをとってからのタダ巻きが基本です。

イメージはボトムを沿うようにゆっくりリトリーブするのがポイントで、時折、アクションを止めてボトムを取りながら探るようにしましょう!

ギベ70Sに比べ飛距離性能も高いので、手前からのサーチはギベ70Sで、その先のポイントをキールバイブで狙うといった使い分けがオススメです!

エクリプス公式キールバイブ詳細ページはこちら

春の季節は手前から丁寧がカギ!

春の季節はベイトが接岸してくるので、手前から丁寧に探るのが釣果のカギとなります。

シルエットサイズも小さくしつつ、細かな動きで誘えるルアーを用意しておくのがオススメです!

これからのシーズンは青物の回遊も増え、よりサーフゲームが盛り上がってきます!

ぜひハウルーラ・ギベ70Sでこれからのサーフゲームを楽しんでみてはいかがでしょう?

リングス(RINGS) プロフィール

釣用品総合商社ツネミのオリジナルブランドRINGS(リングス)。トータルブランドリングスにはさらに3つのカテゴライズがある。実践型バスブランドとなるENGINE(エンジン)、ショアからオフショアソルトまでのソルトルアーゲームアイテムがそろうECLIPSE(エクリプス)、そしてエリアとネィティブの現場からのフィードバックしたアイテムがそろうトラウトブランドDAYSPROUT(ディスプラウト)。