ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

現在相模湖で猛威を振るう噂のルアー!ティムコのクリーピーミノー!

現在、相模湖で爆発的釣果を生み出しているティムコの「クリーピーミノー2.7″」

春の季節は様々な生き物が活動しているため、華奢なボディシルエットの「クリーピーミノー2.7″」が非常に効いてきます!

ティムコといえば「トラファルガー」はじめ「デルゼ」「グリマー」と関東のワカサギレイクを中心に大活躍中!

このクリーピーミノー2.7″はハードルアーに反応を示さなかったバスを狙うのにも最適です!

ルアーローテーションに加えることで、よりアプローチのレパートリーや食わせの切り札になること間違いありません!

6月には新色でサイト用のカラーが追加されるなど、非常に注目度の高いルアーとなっています!

クリーピーミノーはダウンショット専用の超リアル小魚アクションワーム

クリーピーミノーは小型のストレート系のワームで、メインとなるセッティングはダウンショット!

ターゲットはスモールからラージと汎用性も高く、ワカサギが生息するフィールドを中心に無類の強さを発揮します!

注目は水中でのリアルなアクション性能!

ボディに固めのノンソルティ・プラスティック素材を採用することにより、シェイク時の「もどり」を早くし、強い波動からナチュラルな微波動に切り替えるといった、超リアルな小魚アクションを演出!

ヘッド部からテール部にかけて極端に細くなるデザインはステイ時にも自発的に揺らめき、アクションをつけた際、ボディを小気味よく振り小魚アクションを再現してくれます!

ハードルアーで食わせきれなかったフォローにもオススメ!

トラファルガーやデルゼなどのハードルアーで食わせきれなかった個体へのフォローにもこのクリーピーミノーはオススメ!

見切らせない小魚アクションでしっかりと食わせられるので、切り札としてルアーローテに組み込んでおきたいアイテムです!

クリーピーミノーの水中アクションの様子はこちら

タックルセッティングは極細のPEラインがオススメ!サイトでのヒットシーンはこちら

最終の切り札!「2匹掛け」

最終的な切り札として「2匹掛け」も非常にオススメ!

2本のワームを同時にセットすることでヘッドとテールを左右振り、互いを邪魔することなくアクションし、群れで泳ぐ小魚を超リアルに演出します!

1本掛けではバスを呼ぶチカラが弱い、そんなときにこの「2匹掛け」を試してみてください!

ほかにもチョン掛け、ワッキー掛けと1つのルアーで様々なバリエーションが増えるのもこのクリーピーミノーの魅力です!

サイト用に開発された新色

6月に新色で登場するのがメルティグリーンメルティブルーの2色!

今回はサイト用に開発されたカラーとのことで、上から見ると視認性が良く、下から見ると溶け込む配色となっています。

空に溶け込むカラーの「メルティブルー」、 水に溶け込む「メルティグリーン」となっているのでシチュエーションに応じて使い分けるのがオススメ!

メルティグリーン/サイトSP

メルティブルー/サイトSP

既存のカラーラインナップ

スペック

Length: 2.7 inch

18pc count

新色6月中旬入荷予定。

本体希望価格:750円 (税込825円)

ティムコ公式クリーピーミノー 2.7″詳細ページはこちら

ティムコ(Tiemco) プロフィール

株式会社ティムコはフィッシング ・アウトドア関連用品の企画開発、輸出入、製造及び販売を行う。Fenwick(フェンウィック)のフィッシングロッド、そのフラッグシップモデルを刷新したACES(エイシス)、偏光サングラスのサイトマスター、フライフィッシングをルーツにするフィッシングギアFoxfireなど取り扱いブランド、ジャンルは多岐に渡る。ルアーにおいてもプロアングラーのアイデアを形にしたPDLから、ローカルエリアでの釣果に特化したロコイズムなど、独創的なアイテムをリリース。2019年には株式会社スノーピークと両社のアウトドア・ユーザー層のさらなる拡大を目指し、資本業務提携契約を締結、トータルでのアウトドアの魅力を発信し続けている。