ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

人気のド遠投系ロングロッド【ブラックスケール ディスタンスエディション】にシンプルさを求めた「玄景(くろかげ)」バージョンが登場

琵琶湖を中心とした遠投系オカッパリアングラーから絶大な人気を誇る、超遠投仕様のロッド「Blackscale Distance Edition」。

2021年登場モデルをご紹介!

Blackscale Distance Edition 玄景(ブラックスケール ディスタンスエディション くろかげ)

2021年4月下旬登場
黒の濃淡と艶の有無のみで構成された究極の無彩色。 従来のデザインの派手な要素を敢えて消し込み、ブラックの濃淡と艶の有無だけで構成された究極ともいえるモノトーン主体のデザインを纏った「玄景(くろかげ)」バージョンの83Xと87XXが登場

バレーヒル公式「Blackscale Distance Edition 玄景」詳細ページはこちら

 

この投稿をInstagramで見る

 

LureNews(@lurenews)がシェアした投稿

 

従来のデザインの派手な要素をあえて削り、ブラックの濃淡と艶の有無だけで構成されたモノトーンなデザインが特長。渋いです。そして、グリップもEVAがメインとなり、セパレートからストレートに変更。シンプルなデザインになったことで、機能美というか少し武骨?になった感じがギアっぽく個人的にめちゃ好み。

スペック
MODEL length
(ft)
sections
(pcs)
closed
(cm)
weight
(g)
lure weight
(oz)
line weight
(lb)
power taper PRICE
BSDC-83X 玄景 8’3” 1+オフセットハンドル 206 210(40) 3/8-2 10-25 XH RF ¥32,000
BSDC-87XX 玄景 8’7” 1+オフセットハンドル 214 230(48) 1/2-2.1/2 12-30 XH RF ¥33,000

 

基本的なスペックや価格はそのままに、あえて「シンプル」さを求めた玄景バージョン。 気になる方はぜひ。

 

さらにこの玄影以外にも、ゼロワンも近々登場予定! こちらも楽しみですね!

 

この投稿をInstagramで見る

 

LureNews(@lurenews)がシェアした投稿

 

 

琵琶湖のバス釣り、飛距離出したい人はこのロッドなら間違いないです。唯一無二最高の10ftヘビキャロロッドが完成。
【零彎(ゼロワン) BSDC-101XX アンタレスDCMD バリアルハンドル】