ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ライアミノーフラット・サカナサカナ 3.8】一誠からツインボディ構造を採用! 注目の食わせワームが登場

イッセイから食わせ系の新作ワームが登場! それは…。

ライアミノーフラット・サカナサカナ 3.8【イッセイ】

2021年4月23日登場

 

「驚異のレスポンス! 魚を惑わす極薄テール」

ライアミノーフラット・サカナサカナ 3.8は、連結部でカットすることで、2ndボディのみでの使用も可能とするツインボディ構造を採用した新作ワーム。

マス鈎をチョン掛けしやすいよう、1stだけでなく、2ndボディにもヘッドが設けてあります。

最大の特長といえるのがフラットテールで、レスポンスを向上させるために極限まで薄肉化されています! あと極薄テールに加えて、ノンソルト素材なので、わずかなアクション、水流にも自発的に揺らめき、バスのバイトを誘ってくれます。

 

リグ的にはダウンショットをメインに、いろんなリグで使える食わせ系ワームになっています。

マスバリ以外に、オフセットフックの使用もあり! スリットも入っているので、フッキングも◎

 

どんなアクションなのか? 使い方は? など、気になるトコロは、この赤松さんの実釣動画をチェック

『サカナ サカナ』:透ける極薄テールで全サイズ釣る【AK◆BOX】

出典:YouTubeチャンネル「LureNews.TV」

赤松健(Akamatsu Ken) プロフィール

高校3年生の時に村上晴彦に出会い、村上晴彦の釣りやスタイルに惚れて弟子となる。 琵琶湖、五三川がホームグラウンドで柔軟な発想で楽しく真剣にバスフィッシングと向き合うアングラー。 2018年に師匠と同じisseiに入社。自身がプロデュースするルアーも輩出中。 1985年生まれ、滋賀県出身、滋賀県在住。大の生き物好き。

 

カラーは全8色

#06 ベビーシャイナー(稚魚)

#13 ヌマベイト

 

#31 グリパンブルーフレーク

 

#56 シナモンブルーフレーク

 

#60 シラウオ

 

#62 稚魚ワカサギ

 

#63 チャートシャッド

 

#64 AKスモーク

 

 

バスの反応を見てみたいですね!

 

 

ちなみにこの、「サカナサカナ」の試作品段階で取材させてもらった動画もあるので、ぜひチェック

その時の動画がコレ!

サカナサカナってどんなルアーかな?
【isseiバス釣り研究所】研究中ルアー一挙公開

出典:YouTube LureNews.TVチャンネル

 

ちなみにこのロケ時のサカナサカナは海用とバス用の2種の試作品がありました!!
なぜ、サカナサカナというアイテム名(仮称)となっているのか? ピンときた人は鋭いです!→サカナが2尾!

 

これが海用のサカナサカナ ハード!!!

これがバス用のサカナサカナFOR BASS プロト

issei 一誠 (issei )

魚遊びの天才”村上晴彦をルアーデザイナーに据え、設立された滋賀県を拠点とするルアーメーカー。 その後、村上晴彦の弟子として赤松 健も開発スタッフに加わり、創意工夫満点のルアーを続々と発表中。