ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【津本式・究極の血抜き】釣った魚を美味しく持ち帰る!ハピソン「計測マルチハサミ」は津本光弘さんとのコラボアイテムだった

これまで何度か紹介した、登場が迫るハピソンのNEWアイテム「計測マルチハサミ」。

 

釣り場に持って行くだけで「切る、締める、ウロコ取り、内臓の書き出し」など、魚の下処理全般を行うことができる便利アイテム。さらに、計測アプリに対応したマーカーを利用すれば、釣った魚の大きをその場で測定することができます。

さて、そんな色々な便利機能を備えた「計測マルチハサミ」。実は…、津本式でお馴染み「津本光弘」さんとのコラボアイテムだったんです!

 

津本式! 津本光弘さんとのコラボアイテム「計測マルチハサミ」

津本光弘さんと言えば、「津本式」と呼ばれる究極の血抜きの発案者!

「長谷川水産」スタッフとして働く中、この血抜き方法を編み出したことで、長期熟成が可能となり、魚の旨味をひきたたせることに成功。

現在は、釣り人や料理人、学者などから注目され、高い評価を受けています!

津本 光弘(Mitsuhiro Tsumoto) プロフィール

宮崎県の水産卸会社で「長谷川水産」スタッフとして働く中で「津本式」と呼ばれる「究極の血抜き」方法を独自に編み出した人物。 津本式で処理した魚は長期熟成が可能となり旨味がグンとUP! このことが口コミで広がると同時に、自身のYouTubeチャンネルで「津本式 究極の血抜き」を披露し全国的にブレイク! 現在、津本式は全国各地の釣り人、魚屋、料理店、仕入れ業者など魚にまつわるあらゆる人物から注目され、高い評価を受けている

 

そんな「計測マルチハサミ」が津本光弘さんとのコラボアイテムだったということで、正直記者自身も驚いています。

先日、津本光弘さん自身のYouTubeチャンネル「究極の血抜き津本式/Tsumoto」でも「計測マルチハサミ」を実際に使った動画が公開されました!

それにしてもスゴ技すぎる…。

Hapyson×津本式 マルチハサミ【アサシンシザー】編 vol.326

 

動画を見て思ったのは「計測マルチハサミ」は本当に万能! 魚を締めることもできて、ハサミとしても使えて、ナイフにもなって、コレ1つあれば下処理をサッとスムーズにこなすことができますね。

 

「計測マルチハサミ」の特長をおさらい

では、最後に特長もおさらいしておきます。

「計測マルチハサミ」は本体に備わった、「締め具」と「ハサミ」を使って魚の下処理を簡単に行うことができるアイテム。

 

刺さり具合バツグンな「締め具」

ボディ後方に備わっている「締め具」は、先が鋭いので刺さり具合バツグン! 釣り場でスムーズに魚を締めることができます。

 

ハサミは内臓のかきだし&切断で活躍

ハサミは内臓のかきだしや魚の鋭いヒレなどを切断する際に重宝。また、本体をバラせばナイフにも早変わりし、ウロコを取る際にも活躍します。

 

計測アプリにも対応!

忘れてはいけないのが、計測アプリに対応しているトコロ!

本体に四角形のマーカーがついているので、専用アプリでこのマーカーと一緒に魚を写真撮影することで、サイズを測定することができます。

アプリも「App Store」や 「Google Play」で「釣り計測, ハピソン, Hapyson」のいずれかを検索すると「計測専用アプリ」がでてきますので、簡単にインストールできます。

 

「津本式」とのコラボアイテム第1弾である「計測マルチハサミ」。第2段もあるんだとか? 釣った魚を良く持ち帰るという方は参考にしてみてくださいね!

発売時期も迫っていますので、ぜひリリース後にはお試しくださいね。

ハピソン(Hapyson) プロフィール

充電式チェストライト・インティレイやヘッドライト、蓄光器、水中水魚灯、竿先ライト、バッテリーなどのライト関連、 ライン結び器、針結び器、エアーポンプなどの様々な便利釣具を世に送り出している。