ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ルアーゲームケースJ】明邦化学工業の人気アイテム!ライトゲームケースJとスリットフォームケースJに続く第3の「J」が登場

明邦化学工業が手掛ける人気アイテム、「ライトゲームケースJ」と「スリットフォームケースJ」。

 

ライトゲームケースJ」はワームを中心に収納、「スリットフォームケースJ」はジグヘッドを収納。どちらのアイテムも収納性に優れていながら、ポケットに入ってしまうほどコンパクト形状でSWライトゲーマーから広く支持されているケースです。

さて! 2021年6月、これらに続く第3の「J」が登場となります。

 

ルアーゲームケースJ【明邦化学工業】

2021年6月登場予定

小さなルアーをコンパクトに収納できる「ルアーゲームケースJ」。

待ち望んでいた方も多いのではないでしょうか? マイクロジグやライトゲーム用プラグなどをサッと収納できてランガンでも重宝するケース。

写真のケースはプロトタイプです

 

可変式仕切板を採用! 収納の幅が広がる

ライトゲームケースJ」よりも収納スペースの幅が広いことから色々な小型ルアーなどの収納が可能。

ライトゲーム用プラグをはじめ、以下の写真のように青物用のプラグやジグ、タイラバのネクタイなども収納することが可能です! またフタにはワームスリップ加工が施されているので、「ライトゲームケースJ」には入りきらない、大き目のワームの収納にも適しています。

写真のケースはプロトタイプです

 

サイズは「ライトゲーケースJ」と同様

ケースサイズは「ライトゲームケースJ」と同様、175×108×18㎜です。従来と同様2つのケースをジョイントすることもできます。

 

ランガンシステムBOXへシステム収納が可能

モチロン、これまでと同じようにランガンシステムBOXへシステム収納ができます。「ルアーゲームケースJ」の登場でより収納するアイテムの幅も広がりそうですよね。

 

Nシリーズ! 「VS-7080N」との相性もバツグン

2020年に登場したハンドルストッパー機能を搭載したNシリーズの1つ、「VS-7080N」との相性もバツグン! 2列でスッキリ収納可能。

 

上段を「ライトゲームケースJ」と「スリットフォームケースJ」と今回紹介した「ルアーゲームケースJ」で埋め尽くすのも面白そう! リリースが待ち遠しいですね。

明邦化学工業 MEIHO

明邦化学工業は1947年(昭和22年)創業、大阪市に本社を置くプラスチックボックスやケースなど、色んな収納アイテムの企画製造販売を行っているメーカー。取り扱っているアイテムは、タックルボックス・工具箱、カー用品・救急箱・ピルケース、クラフトケース・各種スプレー・各種ケミカル商品など。 主に「FishingMEIHO」「FishingVERSUS」「GeneralMEIHO」の3ブランドを展開。「FishingMEIHO」「FishingVERSUS」の2つは釣り専門ブランドでバケットマウスシリーズやランガンシステムボックスシリーズなどが人気!