ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【リグやルアー交換をスムーズに】小さな小物類を仮置きできるオプションパーツが便利スギ!明邦化学工業「マルチボードBM-S」

明邦化学工業の2021年NEWアイテムの1つ、「マルチボードBM-S」。

「バケットマウスシリーズ」や「ランガンシステムBOX」に対応する新作オプションパーツ。これがまた便利で、記者個人的にも凄く気になっているアイテムの1つ!

最近、公式HPでも製品ページがオープンとなり、詳細も色々公開されましたので、今回は改めて「マルチボードBM-S」を紹介していきます!

 

マルチボードBM-S【明邦化学工業】

5月中旬頃登場予定

ジグヘッドやプラグにエギなど。様々な小物類を装着できる「マルチボードBM-S」。

シングルフックやジグヘッドを仮置きできるので、リグやルアー交換がスムーズに! 「バケットマウスシリーズ」や「ランガンシステムBOX」の多目的ホルダーや、オプションパーツである「マルチホルダー(BM-30/BM-25)」に装着できます。

サイズ 素材 備考 税込価格
75×120×31mm 本体:ポリカーボネート
ボード:マグネットシート、発泡ポリエチレン
HG ¥990

明邦化学工業公式「マルチボードBM-S」詳細ページはこちら

 

実物はこんな感じ!

 

幅広い小物類の取り付けができるように、装着面はフォームとマグネットの2種類を採用。

アシストフックや軽めのジグヘッドなどはマグネットを活用し、エギやトリプルフックといった複雑な形状をした小物類にはフォームというように、重さや形状に応じて装着面を使い分けることができます。

紛失しがちなスナップやスイベルに極小ジグヘッドなどを仮置きすることで無くすリスクを軽減。

 

軽めのジグヘッドやシングルフックにはマグネット

 

トリプルフックやエギなど!複雑な形状をした小物類はフォームを活用

 

実際に装着したショートムービーも是非チェック!

 

この投稿をInstagramで見る

 

LureNews(@lurenews)がシェアした投稿

 

装着面は両面仕様! 取り外しも可能で自由自在なセッティングが可能に

また、装着面はフォームとマグネットの両面仕様。使う小物の種類に応じてお好みのセッティングができます。着脱も本体の裏側を開けるだけなのでメチャ簡単。

 

装着面の変更もラクラク

 

ライトゲームやエギングにタイラバゲームなど! 色々なルアージャンルで幅広く活躍してくれそう。気になる方はぜひ参考にしてみては?

 

明邦化学工業のNEWアイテム紹介動画もぜひチェック!

 

この投稿をInstagramで見る

 

LureNews(@lurenews)がシェアした投稿

明邦化学工業 MEIHO

明邦化学工業は1947年(昭和22年)創業、大阪市に本社を置くプラスチックボックスやケースなど、色んな収納アイテムの企画製造販売を行っているメーカー。取り扱っているアイテムは、タックルボックス・工具箱、カー用品・救急箱・ピルケース、クラフトケース・各種スプレー・各種ケミカル商品など。 主に「FishingMEIHO」「FishingVERSUS」「GeneralMEIHO」の3ブランドを展開。「FishingMEIHO」「FishingVERSUS」の2つは釣り専門ブランドでバケットマウスシリーズやランガンシステムボックスシリーズなどが人気!