ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

オカッパリバス釣りで外せない「ホバスト」と「沈む虫」攻めを紹介

寄稿:佐竹 陸

佐竹 陸(Riku Satake) プロフィール

岡山県のメジャー都市型河川「倉敷川」のオカッパリバス釣りを得意とするアングラー。パワーゲームから繊細ライトゲームまでこなすテクニシャン。またバス釣り以外にも、アジング、エギング、ロックショアほか、ソルトのオカッパリも大好きなマルチな活動で知られる!EVERGREEN Field staff、ツイッターアカウント名はバーニング佐竹

こんにちは。エバーグリーンフィールドスタッフの佐竹陸 (サタケ リク) です。

寒さも和らぎ、とても過ごしやすい気候となりました。
GW(ゴールデンウイーク)もあるので、多くの方が釣りに行かれるのではないでしょうか。
ということで今回はGW〜5月のオカッパリバス釣りオススメの釣りを紹介したいと思います。

例年、GW時期というと、全国的にスポーニング真っ只中という釣り場が多いと思います。
ただ今年に関しては、どちらかというと季節の進行具合は、例年よりほんの少しだけ早い場所も多いようで、すでに産卵を終えたポストやアフターな状態の個体が多いかもしれません。

 

そんな状態を踏まえると、時期的に相手となるのは、見えバス、そしてスローな動きが有効なポスト〜アフタースポーンのバスとなるので、今回はサイトでも出番の多いライトリグでの「横の釣り」と「縦の釣り」を紹介したいと思います。

 

【横のスローな釣り】
オススメは「ラストエース80F」のホバスト

まずは横のスローな釣りとして、オススメなのがラストエース80Fのホバスト!
フックはホバスト用に販売されているフックの#2がピッタリです。ネイルシンカーは個人的に0.3gを多用しています。

写真のように、ラストエース80Fの尻尾の付け根の辺りをほんの少しカットして、背ビレと腹ビレもカットするのが自分流。
テールがクネクネと動きやすくなり弱った小魚を演出できます。

ロールによるフラッシングで遠くからバスを呼び寄せて、弱ったアクションで、口を使いわせるイメージ。

具体的な動かし方は、みなさんご存知の通り、スラックをシェイクしながらリグが手前に来た分を巻き取るだけです。バスが追ってきても、止めたりアクションを変えたりせず、そのままのペースで動かし続けるのがキモです!

 

参考動画 ラストエース80F 実釣・アクションムービー

出典:YouTubeチャンネル「EverGreenFishing」

 

【縦のスローな釣り】
オススメは沈む虫系ワーム「ゲジー」攻め

続いて「縦のスローな釣り」でオススメなのが、FACTの沈む虫系ワーム「ゲジー1.8inch」!

オフセットフックで使用ができるので、カバー周りでも躊躇せず投げることができます。
使い方は投げてフリーフォールさせるだけ、フォールするだけで手足がピリピリと蠢いて、正直ちょっと気持ち悪い(笑)くらいの生命感でバスを誘ってくれます!

縦に落とすということで、水面からボトムまでいろんなレンジを誘えるのもゲジーの強みです。

エバーグリーン公式  ゲジー1.8インチ詳細ページはこちら

 

沈む虫「ゲジー1.8インチ」 イメージ動画

出典:YouTubeチャンネル「EverGreenFishing」

さらに、このゲジー1.8inchは、沈む虫系ワームの中でもトップクラスの飛距離が出せるのは強みだと感じています。ノーシンカーでカッ飛んでいくので、バスにプレッシャーを掛けずに遠くからアプローチが可能です。
オカッパリではもちろん、ボートでも飛距離は出るに越したことないですからね。

フックは、少し大きいと感じるかもしれませんが、オフセットフック#1/0がオススメ。しかも、細軸ではなくある程度の太さ(重さ)のあるモノが◎。なぜ細軸じゃない方がイイのか? というと、フックに重さがある方が手足がより細かく動くから! 動きがより気持ち悪~くなってイイですよ(笑)。

あと個人的にはオープンウォーターのサイトでもゲジーを多用します。その際はマスバリを頭にチョン掛けして使用します。マスバリを使用する際はフォール姿勢を安定させるために、腹側にネイルシンカー0.3〜0.6gを刺して使用することをオススメします。

 

フォールで食いきらないバスに対しては、ボトムでトゥイッチさせて誘うのもアリ

タテの釣りとしてご紹介していますが、フォールさせてボトムまで落として食いきらないバスに対しては、チョンとロッドティップをトゥイッチさせて逃げるアクションも有効。

さらにフォールスピードを落としたければネイルシンカーを使わないという手もありますが、その場合は、写真のようにフックを背中側から刺してあげると、フォール姿勢も良く、トゥイッチした際の動きもキビキビしてバスの反応もイイですよ。

ゲジーのカラーは全10色
背中と腹の色が違うツートンカラーもアリ!

   

 

2つの攻めでの使用しているタックル

なお、この2つの攻めでの使用しているタックルですが、ロッドはソリッドティップの「ヘラクレス FACT65ULST」、ラインはフロロのバスザイルマジックハードR 4lbです。

全長 継数 標準自重 パワー ルアー範囲 ライン範囲 価格
1.96m 1 96g ウルトラライト 0.9~5g(1/32~3/16oz) 2~5lb 63,000円(税別)

以上が、GW時期の私のオススメの釣り方です。

この時期は産卵絡みでバスがシャローに差してくるので、居場所もある程度絞りやすく、時には目で見えることも多いと思います。なので、サイトでも出番の多いライトリグの釣りを紹介させていただきました。ぜひ試してみてくださいね!