ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ワームの種類でリトリーブ速度を変える】ジャッカル一宮安幸がチヌゲームの基本を解説!釣れるタイミングとアクション方法は?

連載:ジャッカルソルト

皆さんこんにちは! 大分の一宮安幸です。

さて! 早速ですが、これからシーズンを迎えるライトソルトのターゲットとといえば「チヌゲーム(クロダイ)」です。

身近な漁港や河川に多く生息しており、仕事終わりの短時間でアプローチができて、手軽にナイスファイトが楽しめるので、私自身も非常に好きなジャンルです。

これから水温が上昇していくにつれてシーズンが本格化していきますが、今回はそれに向けてチニングの基本的なアクションとアプローチをおさらいしていきたいと思います!

一宮 安幸 (Yasuyuki Ichimiya) プロフィール

大分県をホームグラウンドに、旬なSWターゲットを求めて日夜、釣り歩き中! アジ、メバル、カマス、シーバス、カサゴ、グルーパー、アオリイカなどなど、身近なターゲットの釣りが大好き!

 

フナムシが目印! チヌが釣れ始める時期について

まず! チニングシーズンが開幕する時期から説明していきます。

 

厳冬期は食い渋ることの多いチヌですが、気温が上がって様々な生き物が活動し始める季節に釣れ始める印象。

様々な生物の中でもズバリ! 「フナムシ」の姿をよく見かけるようになればチヌの活性もかなり活発になります。

フナムシがフィールドに見かけるようになると、他の甲殻類も動き出します。丁度乗っ込みシーズンであるチヌの体力増強に一役かっている印象を受けます。

 

左:フナムシ 右:ちびチヌムシ1.5in【ジャッカル】

 

アクションはボトムをズル引くのみ! 余分なラインだけを巻き取る

続いてはアプローチについて。

チニングでトップゲームを思い浮かべる方も居ると思いますが、当地大分でトップにでやすくなるのは水温が18℃以上。まだ少し早く感じます。

したがって、今の季節はボトムゲームが主体となります。ジャッカルからは「蟹クライマーチヌ」や「ちびチヌシリーズ」といったボトムゲームに特化したアイテムが色々揃っています。

 

蟹クライマーチヌ

ジャッカル公式「蟹クライマーチヌ」詳細ページはこちら

 

ジャッカルのチヌ用ワーム一覧がこちら!

 

それらを使用したアクションは基本的にボトム着底後、ズルズル引いてくるだけでOK。

 

ただスローリトリーブを続けると気づかず浮き上がってしまう事があるので、自分がオススメするアクションを動画に撮ってみました。

 

アクション動画はこちら!

 

この投稿をInstagramで見る

 

LureNews(@lurenews)がシェアした投稿

 

動画ではロッドをサビいてボトムをトレースし、余分な糸フケを巻いていく感じ。

 

この糸フケを回収している間に喰わせの間を作ります。チヌの活性に合わせてですが、あまり長時間止めていると見切られやすいので注意してください。

サビくスピードも自分はワームに合わせて変化をつけたりしています。例えば、喰わせに特化した一口サイズの「ちびチヌ蟹1in」ではスローにじっくりと。

ジャッカル公式「ちびチヌ蟹1in」詳細ページはこちら

 

強い波動で周囲にアピールをしたい時は、「ちびチヌムシ1.5in」で少し速めな動きで誘うと言った感じです。

ジャッカル公式「ちびチヌムシ1.5in」詳細ページはこちら

 

以上が基本的なチニングのアプローチ法でしたが、決して難しくはないと思います。

手軽に楽しめるチニング! これからシーズンを迎えるとより好反応を得られると思いますので、是非挑戦してみてください。

 

WEB連載「ジャッカルソルト」!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらから、チェックいただければ幸いです!

WEB連載「ジャッカルソルト」=個性ありすぎなジャッカルのSWゲームのプロスタッフ達(田中亜衣・吉岡進・杉山代悟・一宮安幸)によるWEB連載(毎週土曜配信)! 旬なフィールド情報・新テク・NEWアイテム情報マンサイ!タイラバ、アジング、メバリング、ロックフィッシュ、チヌゲーム、ジギングほかSW各ジャンルのタイムリーなネタをお届けっ!