ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ベイトに依存しているマダイには黒系のネクタイが効果的!杉山代悟がシーズン真っ最中である「駿河湾タイラバゲーム」を紹介

連載:ジャッカルソルト
寄稿:杉山 代悟

皆さんこんにちは! 杉山代悟です。

2ヶ月間続いたサワラキャスティングゲームもようやく落ち着いてきました。4月後半からはシャローのタイラバゲームが熱くなる季節です。

毎年この時期になると水深20m以内にベイトとなるカタクチイワシやサバの子がシャローにさしてきます。マダイの産卵が絡んでいることもあって、そのベイトに依存したマダイを狙うのがメチャ楽しいんです!

 

今回はそういったマダイをどう狙うかについて、少しお話しさせていただきます。

杉山代悟 Sugiyama Daigo プロフィール

1994年7月生まれの若きエース。エリアトラウト界で知らない人はいないエキスパートアングラー。 8歳からエリアトラウトの釣りをはじめ、トーナメントに参戦したのは10歳の頃。 トラウトキング選手権の覇者に与えられるマイスターの称号を過去2回獲得、現在も上位に入賞し続けているスゴ腕アングラー。 そんなエリアトラウトでの活躍に加えて、最近はソルトウォーターの世界も満喫中! 実は静岡の海育ちで実は生粋のソルトアングラーでライトゲームからオフショアのビッグゲームもこなす。 趣味は筋トレで週4でジムに通うほどのマニアだ

 

良く引いて迫力満点! ベイトを意識しているマダイには黒系のネクタイが効く

まず、使うタックルはシャローということもあり、スピニングタックルです。

 

キャストして斜めに引いたり、潮が速い場合にはベイトタックルでバーチカルに攻める時も。どちらにせよ、シャローということもあって掛けるとメチャメチャ引きます! 魚を掛けたお客さんは青物と間違えるほど。

駿河湾でよく言うのが、イワシなどのベイトフィッシュを食べている時は「黒のネクタイ」が効くと良く言われています。

 

実際その通り。黒のネクタイをベースに、赤やオレンジなどのワームを付けたり。

黒が絶対ではありませんが、どうも黒のネクタイを使ってる人が毎回竿頭な気がします笑。僕が良く使うのは「ビンビン玉 T+ネクタイ / フィネスカーリー」の「真っ黒レッドフレーク」か「シマシマグリパンゴールド」これは駿河湾では鉄板のカラーです。

 

真っ黒レッドフレーク

 

シマシマグリパンゴールド

ジャッカル公式「ビンビン玉 T+ネクタイ / フィネスカーリー」詳細ページはこちら

 

活性の低い時には針にワームを付けてネクタイと針を同調させてやったりしますが、ベイトに付いているやる気のある個体なので、ワームは着けなくても問題ないと思います。

ベイトを意識しているので、ゆっくりネチネチ底の方を誘うというより、速いテンポで下から上まで速巻きという感じ。

 

マダイ以外の魚種も狙えるジグも有効!

その他に「ラスパティーン」や「ビンビンメタルTG」などのメタルジグ系もモチロン良く釣れます。

 

ラスパティーン

ジャッカル公式「ラスパティーン」詳細ページはこちら

 

ビンビンメタルTG

ジャッカル公式「ビンビンメタルTG」詳細ページはこちら

 

ジグはマダイの他にオオモンハタやヒラメといった嬉しいゲストもよく掛かります。またはシーバスなども。マダイを釣って満足した方は良くジグで違う魚も狙ったりしています。

 

この釣りは5月下旬頃まで楽しめますが、1ヶ月ほどで終わってしまうパターンなので、是非皆さんも遊びに来てください!

 

WEB連載「ジャッカルソルト」!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらから、チェックいただければ幸いです!

WEB連載「ジャッカルソルト」=個性ありすぎなジャッカルのSWゲームのプロスタッフ達(田中亜衣・吉岡進・杉山代悟・一宮安幸)によるWEB連載(毎週土曜配信)! 旬なフィールド情報・新テク・NEWアイテム情報マンサイ!タイラバ、アジング、メバリング、ロックフィッシュ、チヌゲーム、ジギングほかSW各ジャンルのタイムリーなネタをお届けっ!