ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ゼニスがイカメタルロッドだと!?】】注目のグランシャリオを紹介!目玉はオモリグモデル

ゼニスから今季も楽しみなロッドが色々と登場する予定。

その中でも今回ピックアップするのは「Grand Chariot(グランシャリオ)」。イカメタルロッドだ。

さまざまなロッドをリリースしてきているゼニスだが、「ゼニスがイカメタルだと!?」ということでかなり注目度が高い。

パールホワイトのブランクスは見た目にもオシャレで、ナイトゲーム主体になるイカメタルでは視認性のよさも魅力。

ティップはソリッド。軽量・高感度は間違いなさそう!

グランシャリオは実際に触っていないのでわかりませんが、ゼニスのロッドって細身のブランクスでも、ダルくなくて粘るんですよね。

高感度のティップに加え、ゼニス特有のしなやかさはイカをオートマチックに乗せてくれてバラしにくいんじゃないかなと予想します。

オモリグ専用モデルのロッドにはOKUMAのUFRを採用

全6機種あり、中でも注目じゃオモリグモデル。

オモリグモデルにはオクマの独自技術の「UFR」を採用。

UFR(Ultimate Flex Reinforcement)をごく簡単に説明すると、ブランクスに縦方向の外層ファイバーを入れ、従来のロッドの3倍の強度を持たせるテクノロジー。

出典:オクマ公式UFR詳細ページ

中オモリ式のオモリグは、オモリの号数を自在に変えることができるので、理論上は重いオモリから軽いオモリまで対応します。

とはいえ、オモリグは特に潮が走っている時にナチュラルに漂わせるとその真価を発揮します。

そして基本的に釣れるイカがデカい。結構「選んで食っているな~」って感じるほどオモリグばかりにデカイカが乗ることも。

それらを考慮すると、比較的重たいオモリにも対応する。そしてデカイカにも対応する。そういった強さが求められます。また、キャストする場合も。

つまり、強度があって、かつしなやかさもあるURFがピッタリってワケですね!

オモリグ専用ロッドでのキャストはアンダーキャストとなるため、ロングレングス化されることが多いのですが、UFRの採用は感度と操作性、究極のバランスでロングレングスであることを忘れるほどだとか。

ラインナップはイカメタル用4機種とオモリグ用2機種の計6種類を予定。

機種スペック

モデル タイプ 全長(ft) 錘負荷 PE(号) 最大ドラグ
GC-B610M イカメタル(ベイト) 6’10” ~20号 ~1.0 2.0kg/45°
GC-B68MH イカメタル(ベイト) 6’8” ~25号 ~1.2 2.5kg/45°
GC-B69H イカメタル(ベイト) 6’9” ~30号 ~1.5 2.5kg/45°
GC-S610M イカメタル(スピニング) 6’10” ~20号 ~1.0 2.0kg/45°
GC-S672MH オモリグ(スピニング) 6’7” ~30号 ~1.2 2.5kg/45°
GC-S672H オモリグ(スピニング) 6’7” ~40号 ~1.5 3.0kg/45°
ゼニス・オクマの新作情報はこちら!

【ゼニス】2021年登場の気になるNEWアイテム全10種の総まとめ!

ゼニス/オクマ(ZENITH / okuma) プロフィール

1986年に台湾・台中市で設立されたリールメーカー「オクマ」。アメリカ、ヨーロッパ、北米やアジアなどワールドワイドに流通するオクマリール。低価格&高性能のリールをリリースしている。ゼニスは山口県下関市にあるロッドメーカー。ショアからオフショアまで幅広くルアーロッドを展開。ロッド製作工程の多くを自社で行い、高品質で定評がある。