ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

水面をウネウネ動くハードルアー!ティムコ注目の新作「ヘカート7」

出典:ティムコ公式ヘカート7詳細ページ

ティムコの注目の新作ルアー「ヘカート7」

ポイントはなんといっても全長70mmの5連結の全駆動型多連結ジョイントボディ!!!

アクションも水面直下と、今すぐにでも使いたい性能となっています!

以前にもスペックや機能性などをご紹介してきましたが、今回ティムコ公式YouTubeチャンネル「ティムコ バスフィッシング」でそのアクションの様子が公開されました。

アクションの様子はこちら

生命感・艶めかしさのアクションをもつハードルアー

動画からも分かる通り、その性能はハードルアーとは思えない“ぬるぬる”とした生命感あふれるアクションとなっています!

「ハードルアーの安定した浮力」+「多連結ジョイントボディ」を融合することで、艶めかしいアクションを実現させました。

ソフトルアーでは出せなかった安定した浮力と飛距離を兼ね備え

、ジョイントボディによる生命感あふれるアクションとより水面下で見切られにくいルアーに仕上がっています。

シリコンラバーによるピリピリ微波動アクション!

そして、もう一つの注目ポイントはボディに設置されたシリコンラバー!

このシリコンラバーがあることで、わずかな流れや風などで微振動を生みだし、水面放置でも見切らせない効果を発揮します。

リトリーブ時も程よい抵抗となってくれるので、スローでもしっかりとボディをくねらせるアクションが可能です。

ちなみにこのシリコンラバーはコブを作って止めてあるだけなので、自由に交換・取り外しができます!

ラバーを取り去り、リアフックを取り付けてタダ巻き仕様にもオススメ!

アクションはタダマキやトウィッチ・ファストリトリーブ!

アクションはジョイントボディを活かしたタダマキで十分に狙うことができます!

バスの食わせのスイッチを入れる「トゥイッチアクション」やベイトフィッシュが逃げる動きを再現した「ファストリトリーブ」も有効なので、バスの活性に合わせてリトリーブスピードを調整していきましょう。

ラバーがあることでアクションを止めたときもピリピリと震えて微波動を発生させるのでバスに見切られにくく、活性がイマイチなときはキャストして放置、デッドスローに巻いて誘うのもオススメです!

 

この投稿をInstagramで見る

 

LureNews(@lurenews)がシェアした投稿

カラーラインナップ

#25 ハイパーワカサギ

#28 パールシラウオ

#290 ホロワカサギ

#415 ボーンブラックタイガー

#426 ワカウオ

#430 ハイパーブライトバック

#511 エリートワカサギ

#512 レトロワカサギ

カラーは合計8種類!

表層ということもあり、カラーはワカサギやシラウオに寄せたカラーとなっています。

全長 ウエイト タイプ 希望小売価格
70mm 4g程度 フローティング 1,580円
(税込1,738円)

発売は7月を予定。

ティムコ公式へカート7詳細ページはこちら

【推奨タックル】

ロッド:6’2″~7’2″程度のL~MLアクションのロッド
ライン:4~5lb.ライン・0.3~0.6号程度のPEライン
※PEラインにフロロの4~5lb.のリーダーを1m程度装着するのがベストなセッティングです。

ティムコ(Tiemco) プロフィール

株式会社ティムコはフィッシング ・アウトドア関連用品の企画開発、輸出入、製造及び販売を行う。Fenwick(フェンウィック)のフィッシングロッド、そのフラッグシップモデルを刷新したACES(エイシス)、偏光サングラスのサイトマスター、フライフィッシングをルーツにするフィッシングギアFoxfireなど取り扱いブランド、ジャンルは多岐に渡る。ルアーにおいてもプロアングラーのアイデアを形にしたPDLから、ローカルエリアでの釣果に特化したロコイズムなど、独創的なアイテムをリリース。2019年には株式会社スノーピークと両社のアウトドア・ユーザー層のさらなる拡大を目指し、資本業務提携契約を締結、トータルでのアウトドアの魅力を発信し続けている。