ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【豊西和典のアジング最新情報】ボートアジングのススメ& 5ft6in自重38g! 超華奢なスペリオルNEWモデル「トゥイッギー」解説

寄稿:豊西和典

豊西和典(Toyonishi Kazunori ) プロフィール

1963年生まれ 大阪府在住。長い磯釣りの経験に自らの感性を融合させた独自のスタイルで、ライトゲームの世界をマルチに探究し続ける超ライトゲームオタク。激戦区・大阪湾泉南エリアをメインにしつつも、研究のため全国各地への遠征釣行も頻繁に行っている。とにかく現場主義で、年間釣行回数は100回をゆうに超える。エバーグリーン・ソルトウォータプロスタッフ。JLA(ジャパンルアーアングラーズ)所属

こんにちは、豊西和典です! 気温も急速に暖かくなってきて、毎日、釣りに行きたくなる季節ですね (笑)。
さて、今回ご紹介させていただくのは、オカッパリではなくボートから楽しむアジングについて!

アジングなどライトSWゲームといえばオカッパリでしょ! と思われる方も多いと思うのですが、僕の中では普段のオカッパリはお母さんの手料理、ボートはたまの贅沢で訪れるステーキ屋さんという感じです(←この例え、分かります!?)。

 

オカッパリと同じキャスティングスタイルのボートアジングがオススメ!

和歌山モンスターラッシュのボートアジングが楽しい!

さて、ボートアジングですが、私のオススメの遊漁船は、和歌山市南海マリーナから出船の「モンスターラッシュ」さん。
ナイトアジング便を冬季~4月いっぱい(釣果状況により変動あり)までやられているのですが、とても楽しくて僕も毎年お世話になっています。

 

で、モンスターラッシュさんの何が良いか? というと、ズバリ! オカッパリと同じようにリグをキャストしてアジを狙う「キャスティングスタイル」というところ!
タックルは、いつもオカッパリで使っているモノそのままでOKなので、わざわざロッドやリールを買い足したりする必要がありません。
また、リグも基本的には3g程度のジグ単がメインになり、ほとんどオカッパリと変わらない釣り方が楽しめるんです。

 

釣りマクるもよし、色々試すもよし!

オカッパリとボートで、大きく変わるのが、船長がオカッパリでは届かない水深がたっぷりあり潮通しが良いアジのエサ場に連れて行ってくれるという点!

あとアジのサイズは大体25~30センチくらいで、大きいのだと40センチオーバー。

もちろん自然が相手なので渋い日もありますが、だいたいは魚探もソナーも真っ赤になるほど魚影が濃く、シラスやアミを食べてでっぷり肥えた良いサイズのアジから沢山のバイトを得られますよ!

シンプルに数やサイズを狙って釣りまくり日々のストレスをリフレッシュするもよし、もしくはルアーや動かし方によってアジの反応がどう変わるのかを見るのも面白いです。

時には、これだけアジがいても反応するのはごく一部なんだな…とか、ワームのサイズやカラー、動かし方によってこんなに反応に違いがでるのか…など、ボートアジングで、色々と経験しておくと、その経験がオカッパリにも活かせます。

私のホーム! 大阪湾の冬~春のオカッパリではアジが行方不明になりがち…。
そんな中、アクセスの良い和歌山市内から出船して、これだけ楽しませてもらえるので、なかなかお値打ちではないかと思います!

これからのシーズンはアジだけでなくメバルやマダイも混ざって面白くなりそうです。興味のある方はぜひモンスターラッシュさんに遊びに行ってみてください!

モンスターラッシュさんに行かれる際にオススメなワームやジグヘッドなどタックルの詳細は、記事の最後のタックル解説コーナーに乗せておきますね。

 

超華奢なスペリオルのジグ単NEWロッドがもうすぐデビュー!

実はトゥイッギーの強度テストのため、モンスターラッシュさんで実釣テストをさせてもらっていました

ちなみに、いよいよ2021年6月に発売が迫っているロッドなのが「スペリオル SPRS-56XUL-S トゥイッギー」(EG)。

全長 継数 自重 パワー ルアー ライン 価格
1.68m 2 38g エクストラウルトラライト 0.1~2.5g PE0.1~0.3号(MF0.8~2lb) 54,000円(税別)

実はこのロッドは、昨年から度々モンスターラッシュさんで実釣テストをさせてもらっていました!

トゥイッギーはジグ単好きに捧ぐ5フィート台の超華奢なロッドということで、最終サンプルは自重が38gと、かなり軽量で、かつシャキッと張りがあるフィーリングになっています。

オカッパリのテストでは投げやすさや感度や操作感は最高だと分かっていました!

ただ、自重が38gと、ここまで軽いと強度が心配? ということで、ボートアジングで、あえて重めのリグを使い込んだり良いサイズのアジを沢山釣ったりして、ちゃんと実用強度があるのか確認していました。

結果は全く問題なし!折れたことは一度もなかったですし、むしろこんなに華奢なのに、しなってからもムチっと反発して、思った以上に強い!尺オーバーのアジでも全然余裕で、シーバス相手でも負けることなく、やりとりできました。

はじめはテストのために、あえてボートでも使おう! という感じでしたが、今ではボートでも超お気に入りの一本に!
西澤船長からもお墨付きをいただきました。

トゥイッギー、ホントにめちゃくちゃ楽しい竿に仕上がりましたよ。ジグ単好きの方は要チェックです!

エバーグリーン公式 スペリオル・トゥイッギー詳細はこちら

 

トゥイッギーを使ってボートアジングを楽んでいる実釣動画も要チェック!

モンスターラッシュさんでトゥイッギーを使ってボートアジングを楽しむ様子が、YouTubeにアップされました!
キャスティングスタイルのボートアジングをされたことがない方はどんな釣りかイメージしやすいと思うのでぜひ見てみてくださいね。
また、トゥイッギーのしなり具合なども動画で見ていただけます。

ルアルアチャンネル「豊西和典さんと和歌山ボートアジング」

出典:YouTubeチャンネル「ルアルアチャンネル」

タックル解説コーナー

タックルセッティング

[ロッド]スペリオル SPRS-56XUL-S トゥイッギー(EG) など、5~7フィートが使いやすいです。
[リール]1000~C2000番…ギヤ比はお好みでOK。
[ライン]Ar.PE レンジブレイド0.2~0.3号(アルカジック)/鯵の糸エステル ナイトブルー0.4~0.5号(サンライン)…アジのアベレージサイズが大きめなのでエステルの場合は少し太めがおすすめです。

ジグヘッド単体 リグセッティング

ラウンドロック4番3g(アルカジック)…適度な軸の太さで大きいアジがきても伸ばされにくいのでラウンドロック。

Fキャロ(スプリット) リグセッティング

ラウンドロック4番0.6~1.5g+ダウンショット用タングステンシンカー3~5g…潮が速い時に使います。Fシステムの要領でリーダーを結束した端糸をエダスにしてシンカーを装着。シンカーはガン玉でもなんでもいいのですが、ハリス留め付きのダウンショット用タングステンシンカーが使い勝手的にベストだと思います。リーダーの長さは40㎝ぐらいが基準。

 

使用ワーム

ギムレット2インチ、2.5インチ(EG)など…もっちりモチモチでズレにくくよく釣れるのでギムレットおすすめです。サイズの違いで反応に差が出ることがあるので、短めと長めの2種類持っておくと良いでしょう。カラーは大まかに、グローライムなどのグロー系、ソーセージなどのソリッド系(透けない色)、クリアシルバーラメなどのクリア系の3種類あればローテーションのしがいがあります。

以上、オススメのキャスティングスタイルのボートアジング! そしてスペリオルの新作トゥイッギー(2021年6月登場)の情報をお届けしました!