ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【陸っぱりで67cmのマダイが】Vivaの定番メタルバイブレーション「クラッチメタル」はショアマダイゲームでも大活躍!

Vivaがラインナップしているメタルバイブレーション、「クラッチメタル」。

Viva公式「クラッチメタル」詳細ページはこちら

 

快適な引き感と立ち上がりの早さに安定したフォールが魅力。多くのバサーから親しまれているメタルバイブレーションです! そんな中、先日Vivaの公式インスタグラム「viva_aquawave_lures」でこのような投稿を発見!

 

ショアから「クラッチメタル」を使って67cmの大型マダイを捕獲

この投稿を見て思わず驚きました。広島をメインエリアとするフィールドテスターの中江貴洋さんが「クラッチメタル」をショアから使って67cmの大型マダイをキャッチ。

 

その投稿がこちら!

中江 貴洋(Takahiro Nakae) プロフィール

生まれも育ちも広島県西部エリア。沿岸住まいという地の利と、ありあまるフィジカルを武器にフィールドへと通う、混じりけ無しのライトゲーマー。LOOP広島支部所属。アクアウェーブ・フィールドスタッフ。

 

春から夏が旬! 「クラッチメタル」を使ったショアマダイゲームがアツい

ショアからロクマルオーバーのマダイって迫力ありますよね。

偶然マダイが掛かったというわけではなく、中江貴洋さんのホームである瀬戸内西部エリアは、例年4月から夏ごろにかけてショアからマダイを狙って楽しむことができ、そのエリア周辺で流行っているジャンルでもあります。

周りのアングラーはメバルで使うようなジグ単で狙っていますが、中江貴洋さんはあえて「クラッチメタル」を多用しているそう。

これは瀬戸内西部エリアに限らず、ショアからマダイを少しでも狙えるフィールドなら効果的なメソッドだと思います。というわけで、これから少し「クラッチメタル」を使ったショアマダイゲームを紹介していきます。

 

使うシチュエーションは?

流れが複雑で速い場所のボトム周辺を狙います。瀬戸内西部エリアではそのような場所を激流エリアと呼んでいます。

そういったエリアは基本的に水深が深いことが多く、潮の流れも速いのでメタルバイブレーションのような沈下速度の速いルアーが有効とのこと!

飛距離も稼ぐことができ、ブレイク周辺も攻めることができるそうです。

 

激流エリアはこのような感じ

1 / 2
次へ