ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

オカッパリとは異なる「筏エギング」のワンポイント

連載:池内修次の毎日イカ曜日♪

皆さん、こんにちは。デュエルの池内です。

今週も、アオリイカ情報はもちろんのこと、デュエル &ヨーヅリ、ゼスタなどの最新情報をお伝えしたいと思いますのでよろしくお願いします!

筏エギングでロケ

さて今週のイカ曜日は、先日取材で行ってきました南伊勢の迫間浦(はざまうら)にある宝成渡船様より筏からのエギングの様子をちょこっとだけ紹介しますね。

なんせ、まだ放送されていない「ルアルアちゃんねる」での放送なので今しばらくお待ちください(汗)

この日は、まだ春イカでのモンスターアオリイカの情報は少なかったのですが、少しでも確率を上げるために陸っぱりではなく筏からのエギングに挑戦してきました。

実は、プライベートでは筏エギングはしておりますが取材では初めてとなります。

筏エギングはオカッパリとは逆の釣り方

この筏エギングは、陸っぱりとは大きく違い、全く逆の狙い方をします。

陸っぱりではキャストしたところが一番深いエリアで、シャクって寄せてくるたびに徐々に浅くなってきますが、筏では基本的に岸向きにキャストします。

なぜかというとアオリイカは浅いエリアと深いエリアの間にあるブレイク(カケ上がり)に沿って移動するからなんです。

異例的な行動をすることももちろんありますが、ブレイクを移動することが多いと思ってもらっても良いかと思います。

なので、ブレイクポイントを筏から狙うとなると深いエリアから浅いエリアにエギをキャストすることになります。

ってことは、キャスト時はフォール時間は少なめになりますが手前に来るに従いフォール時間を多くしていきます。

徐々にフォール時間を長く取る

例えば、キャストしてすぐは水深にもよりますが10秒からシャクリはじめて3回シャクったとします。次のフォール時間は3秒ほどでシャくる前の水深近くまで沈んではいますが、手前に数メートル移動しているので、その水深分沈ませなくてはなりません。

およそでいいので次は5秒待ってから3回シャクり…次は8秒待ってからシャクる…という感じで徐々に沈めさせる釣り方をしないと、エギは水深に対して徐々に表層をシャクっているのと同じことになります。

手前に来るに従ってどんどん沈ませていく感じで狙ってくださいね。

当日の筏エリアの水温は15度とあと少し高い状態で安定してくれればって感じでしたが、元気なアオリイカはいてくれたので楽しい筏エギングができました。

まもなく放送になると思いますので「ルアルアちゃんねる」の放送を楽しみにしておいてくださいね。

では、また来週のイカ曜日もお楽しみにね〜!

タックルデータ

ロッド アサルトジェットタイプS75MMHプロト(ゼスタ)
リール 18イグジスト LT 2500S-C(ダイワ)、ハンドルWING92フィーノ+ノブ(リブレ)
ライン X8プロエギング0.6号(デュエル)、ハードコア アーマードF+ 0.6号(デュエル)
リーダー ハードコアエギングリーダー2.5号(デュエル)
スナップ エギ用ロウ付けスナップV型NO.1(日本の道具屋)
エギ EZ-Q キャスト喰わせラトル3.5号(デュエル)、アオリーQ LCスロー3.5号(ヨーヅリ)、レンズQ3.5号(デュエル)
ほか、ダイワゲームベスト、ストリームトレイル防水バッグ33L