ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

春のマイクロベイトパターンに最適!微細動アクションのバイブレーション!エクリプスの「ミニスライト75」

春の時期のシーバスゲームというとバチ抜けが真っ先に連想されるかと思います。

しかし、春から夏にかけての時期ではゴカイ類だけでなく様々な生物が活発化し、ボラの子やアミエビ、シラス、稚アユなどマイクロサイズのベイトが非常に増えるタイミングでもあります。

出典:エクリプス公式ミニスライト75詳細ページ

今回ピックアップするのはエクリプスの「ミニスライト75」

エクリプスのバイブレーション、「スライトエッジ90」のダウンサイズモデルです。

ボディサイズは75mmと非常にコンパクトながらアピール力も高く、マイクロベイトパターンにマッチする性能となっています!

マイクロベイトパターンをイミテートした性能!

もともとのスライトエッジ90は微細動アクションとフラットサイドが生み出す乱反射で誘う微細動系のバイブレーション。

このミニスライト75でも同様にその微細動アクションは継承され、薄型ボディによるフラッシングでより効果的にマイクロベイトパターンを演出できるよう設計されています。

特にマイクロベイトパターン時にはこの微細動アクションがベストマッチ!

より小さなベイトを捕食しているターゲットには抜群の威力を発揮してくれます。

ジャーク時のでダートアクションは逃げ惑う小魚やエビの動きそのもので、リアクションバイトも誘発できるパワーを秘めています。

また、体高を持たせたシェイプはキャストやアクションの際のフック絡まりを激減させるなど、トラブル回避能力も抜群です!

ミニスライト75の水中動画はこちら!

浮き上がりの早さを利用したシンクロドリフトのアプローチもオススメ!

ちなみに、シルエットのサイズ・ウエイトの軽さを利用したシンクロドリフトのアプローチができるのもこのミニスライト75ならではのアプローチ。

まず『シンクロドリフト』とは河口などの流れに対し、やや上流にキャストし流れに乗せてシーバスが潜むポイントを探るテクニック。

前提にシーバスが潜むポイントの見極めが重要になりますが、地形の変化や流れの変化を生むポイントを把握しておけば比較的容易となります。

軽めのウエイトでや浮き上がりの早い性能のミニスライト75はアップクロスでキャストすることで、流れに乗せやすく、適度なレンジを保ってくれます。

アクションはあくまでルアーを泳がせず、流して誘うことがメインになるので手元にアクションが伝わらない程度のスピードでリトリーブすることがポイントです。

若干テクニックが求められる方法ですが、よりスレたフィールドではこのアプローチは非常に効果的!

ミニスライト75の性能ともマッチするので、ぜひチャレンジしてみてください!

ミニスライト75のスペック

Length:75mm

Weight:15g

Hook:GamakatsuSP-MH#7  Ring#2

本体希望価格:¥1,580(税抜)

エクリプス公式ミニスライト75詳細ページはこちら

リングス(RINGS) プロフィール

釣用品総合商社ツネミのオリジナルブランドRINGS(リングス)。トータルブランドリングスにはさらに3つのカテゴライズがある。実践型バスブランドとなるENGINE(エンジン)、ショアからオフショアソルトまでのソルトルアーゲームアイテムがそろうECLIPSE(エクリプス)、そしてエリアとネィティブの現場からのフィードバックしたアイテムがそろうトラウトブランドDAYSPROUT(ディスプラウト)。