ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

2万円前半のハイコスパオフショアキャスティングリール!テイルウォークの「クロシオHGX」

テイルウォークのオフショア用スピニングリール「クロシオ」シリーズ。

シイラ・カンパチ・ブリ・ヒラマサ・カツオ・マグロまであらゆるオフショアゲームをフォローする、性能、コストパフォーマンスに優れた人気のスピニングリールです。

今回ピックアップするのはオフショアのキャスティングゲームに照準を合わせたハイギア仕様の「クロシオHGX」

クロシオHGXの魅力やポイント、機種性能などについてお話していきます。

クロシオPGXについてはコチラ

【2万円でイイですよ☆】ハイコスパでバッチリな剛性!「クロシオPGX」は大型青物狙いのオフショアジギングにオススメ

クロシオHGXのスペック

出典:テイルウォーク公式クロシオHGX詳細ページ

このクロシオHGXのサイズは33HGX・43HGX・53HGX・63HGXの4種類のサイズ展開になっています。

4機種といっても33HGXと43HGX、53HGXと63HGXは同ボディで設計されているため、ギア比やベアリングは同数、ラインリトリーブやドラグ、ラインキャパシティなどがそれぞれ異なります。

数値で見るスペックはこちら
MODEL Gear Ratio Weight
(g)
DRAG MAX
(kg)
Line Capacity Bearings Line Retrieve Retail Price
(JPY)
33HGX 5.8:1 530 14 PE3-300m 7+1 100cm/1回転 21,000
43HGX 5.8:1 535 16 PE4-300m 7+1 102cm/1回転 22,000
53HGX 5.4:1 760 18 PE5-350m 7+1 116cm/1回転 23,000
63HGX 5.4:1 765 20 PE6-350m 7+1 116cm/1回転 24,000

ここで注目したいのが価格帯!

いずれも2万円前半の価格帯で非常にリーズナブルとなっています。

マグロやシイラ、大型の青物が相手となるため、安価な価格帯では機能面・性能・剛性など諸々不安になる方も多いはず!

しかし、このクロシオHGXであれば心配無用!

ドラグ設定の安定感はもちろん、ボディ剛性やスプール&ハンドルデザインに至るまでオフショアゲームを想定した設計になっています。

オフショアキャスティングを想定した各パーツの仕様

滑り出しの良い湿式多板ドラグワッシャーとビッグドラグをもたらす大口径カーボンワッシャーを装備。

サワラや青物など初速が早い魚に対してもドラグがスムーズに放出されるので、バラシやラインブレイクのリスクも大きく下げることができます。

また、ドラグラチェットシステムを採用しているため細やかなドラグ設定が可能。

ドラグノブもアルミニウム製の防水性能となっています。

リールハンドルはマシンカットハンドルアーム&ノブを採用。

ハンドルアームとノブはアルミ素材のマシンカット製法を採用。

ハードな使用に耐えうるマテリアル&デザインになっているため、オフショアキャスティングに最適です。

またファイティンググローブにも優しい掴みやすいプレーンな形状に仕上げられています。

ライン保護のスプールベルト付き

ちなみに、ラインを保護するネオプレーンベルトが付属しています。

移動中や保管時にも嬉しいアイテムです!

クロシオHGXを使用した実釣動画はこちら!

コストパフォーマンスが高いテイルウォークのオフショアHGX

実釣の動画でもあったように大型のシイラとのファイトでも問題なく使用することができるなど、ポテンシャルの高さが見て分かります!

ブリ・ヒラマサといった大型の青物はもちろん、カツオやマグロなどもカバーした性能になっています。

ちょっとしたショアジギングにも使用できるので、オフショアキャスティング以外でも流用可能です。

これからオフショアキャスティングをはじめたい方への入門機種はもちろん、中級者以上の方のメイン・サブ機にもオススメのハイコストパフォーマンスリールとなっています!

テイルウォーク(tailwalk) プロフィール

株式会社エイテックのルアーブランドが「tailwalk(テイルウォーク)」。ソルト、フレッシュ問わず非常に多くのロッドやリール、アパレルなどを展開。バスではフルレンジシリーズ、ソルトではハイバリューなロッドSSD(ソルティシェイプダッシュ)シリーズや、フラッグシップモデルのTZシリーズなど、ビギナーから上級者まで幅広い層に支持されるアイテムが並ぶ。