ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

フィールドはもう春!スイムベイティングの強さを実感!

連載:伊豫部健「IYOKEN-BOMB(イヨケンボム)」

皆さん、こんにちは!

ここ最近は毎日のように釣りに行き、季節の変わり目を肌で感じれるくらいフィールドに出まくって、焼肉を食いまくっていました(笑)。

いやぁ、毎日フィールドに出てると感じるんだよな~。寒さの中にある温もりを!

まっ、そんなわけで、水の中は春が来てる!そんなシーンに出くわす事も度々!

夕方のベタ凪に数分発生したエビボイル。

これまでHBバブゥHBデッドスロールによるゾーンの世界!

つまりスイムベイティングによるレンジを刻む世界観にハマってましたが、エビや稚ギルと言った小さすぎるボイルフィッシュには抜群にスピナーベイトによるフラッシングが効く!と言う経験から、さらに早春のマッディシャローに強いスイムベイト系のシャッドテールを組み合わせる事で、さらに個体のいいバスに対して効果的なアメリカ学びのセレクトで試すと連発!


わずか数分でポーボーイにフィンズピーを装着して、5バイトとミラクルというか、スイッチの入る瞬間を起こすスイッチベイトって恐ろしいパワーだなと再確認した日もありました。

冷え込んで、そう言った小さなベイトが湧いて来ない時はHBバブゥやHBデッドスロールによる単体のスイムベイティングが強いですが、自然の変化に対応してくって大切だなと感じました。


今週はとくに五三川、大江川に通っていましたが、そろそろ大江川モンスターが動き出し、クオリティのいい春一番が取れるんじゃないかな?とワクワクです。

その為には海津漁協へ行き、様々なルール事項や変更点もしっかり聞いてトライ!

次回はそんな老舗フィールドでもある中部地区屈指のメジャーフィールド大江川のお話しをしていきたいと思います。


アメリカへ行く準備もしなきゃならないし、ストアイベントも再開し、活動的な週にしようかなと思います。
また今年は10ヶ月以上を日本で過ごすので、全国各地、様々なフィールドで釣りをしようと考えてますので、また皆さん宜しくお願いします。
ではまた。