ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

糸ヨレ・フッキングミス・アイのズレ解消!エンジン・スーペリオライトリグ専用オフセットフック!「LOフック」

現代のバスフィッシングにおいてライトリグは必要不可欠。

メジャーフィールドはもちろん、野池などのローカルエリアでも年々ハイプレッシャー化が進み、アプローチもより小さなシルエットで繊細さが求められるようになりました。

また、バスもヒウオなどのマイクロサイズのベイトを狙うなど、ライトリグを頼る機会は今後も増えていくといわれています。

出典:エンジン公式スーペリオLOフック【ライトリグ用オフセット】詳細ページ

今回紹介するのはそんなマイクロサイズのワームにも対応したオフセットフック、エンジン・スーペリオの「LOフック【ライトリグ用オフセット】」

ご存じ小森プロ監修のスピニングタックル用ライトリグ専用のオフセットフックです!

スピニングタックルでのダウンショットやノーシンカーに最適のフック!

ダウンショットやノーシンカーなどのスピニングタックルにあわせて設計されたLOフック。

種類も#1~6と小さなサイズから展開しており、最小1インチサイズのワームからセッティングが可能です。

オフセットフックのメリットといえば、スナッグレス性!

極小ワームをセットしてカバー奥やストラクチャー周りでネチネチ1点シェイクといった食いが渋いときの一手にも最適です!

ライトリグでのオフセットフックの弱点、ダウンショットの姿勢維持問題

ここで注目したいのがダウンショットでの装着姿勢について!

ライトリグはその名の通り軽量で、ワームの自重も軽くなります。

そのため、ラインとフックを結び付けたとき、軽量すぎて姿勢を維持しにくく、アイでは結び目がズレてのフッキングミスやアクションが正しく動いてくれないことが多々あります。

繊細さが求められるライトリグでアクションの不具合やフッキングミスは致命的!

それ故になかなかライトリグでのオフセットが決め手に欠く原因でもありました。

そこで誕生したのがアイに溝を備えたカン型のFLアイデザイン!

これまで小森プロもラインとアイがズレないデザインを考案してきましたが、なかなかハマる型がなく半ばでとん挫状態でした。

そこで思いついたのがアイに溝を備えたカン型でした。

アイに溝を設置することで結び目を保ち、それでいてズレが解消されるようになりました。

ロッドのアクションに対して直線的に力が伝わるようになりルアーアクションはもちろん、フッキング精度、ダウンショット時の糸ヨレ防止効果が加わるなどこれまでの問題点を一挙解決!

繊細かつ正確性が求められるシーンにおいてこのスーペリオLOフックは最適のフックに仕上がっています。

小森プロのYouTube「小森嗣彦のコモチャンネル」でも解説中。

スーペリオLOフック【ライトリグ用オフセット】の適合ワーム表

スーペリオLOフックのスペック
SIZE PAC PRICE
#1 8 ¥350(税抜)
#2 8 ¥350(税抜)
#3 8 ¥350(税抜)
#4 8 ¥350(税抜)
#6 8 ¥350(税抜)

エンジン公式スーペリオLOフック【ライトリグ用オフセット】詳細ページはこちら

リングス(RINGS) プロフィール

釣用品総合商社ツネミのオリジナルブランドRINGS(リングス)。トータルブランドリングスにはさらに3つのカテゴライズがある。実践型バスブランドとなるENGINE(エンジン)、ショアからオフショアソルトまでのソルトルアーゲームアイテムがそろうECLIPSE(エクリプス)、そしてエリアとネィティブの現場からのフィードバックしたアイテムがそろうトラウトブランドDAYSPROUT(ディスプラウト)。