ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ソルトイン高比重ボディだけどスローフォール!シャローでも活躍するエンジンの「フォールスティック」

エンジンプロスタッフ村川勇介監修のフォールシリーズ第3弾として登場した「フォールスティック」。

以前、フォールスティックの「虫系改造」について紹介しました。

今回は改めて「フォールスティック」のアクションや性能、セッティングについて解説していきます。

前回紹介の記事はこちら

フォールスティック4

コンセプトは「重たいけどゆったりとしたフワフワフォール」

このフォールスティックは「重たいけどゆったりとしたフワフワフォール」のコンセプトのスティックタイプワーム。

シンプルなスティック状のデザインですが、シンプルがゆえにそのスローフォールの効果は抜群です。

ちなみに水深30cmでもジックリ落とすことができるので、水深の浅い霞水系などでも活躍してくれます。

注目はオリジナルラウンドボディのボディ下部の両端に設けたキール部分。

フォール姿勢も水平姿勢を保ちつつ、下部のキールが速すぎるフォールを抑制し、微震なアクションを生み出します。

ソルトインボディでウエイトも十分!

フォールスティックのもう一つのポイント、高比重のソルトインボディ。

4インチサイズでは自重7.6g、3インチでは3.7gと強風などのコンディションの中でも十分に飛ばすことが可能です。

スローフォールでの誘いが広範囲で狙えるのは大きなアドバンテージであり、これまで狙えなかったポイントまで繊細に誘うことができるのもこのフォールスティックならではです。

また、ボディにはフックスリットが用意されているので、カバーにも躊躇することなく撃ち込むことが可能です。

遠投先のカバーエリアも狙えるなど、ハイプレッシャーフィールドなど様々なシチュエーションで使えるルアーになっています。

4インチと3インチの使い分け

このフォールスティックの4インチ・3インチでの使い分けのポイントはフォールスピード。

ハイプレッシャーフィールドでよりゆっくり見せたいときは3インチがオススメ。

シルエットとウエイトによる遠投性を活かして広範囲を誘う場合には4インチと、それぞれのシチュエーションにあわせたチョイスが重要となります。

またセッティングに関しても、4インチの基本はノーシンカーのオフセットフックで、または風が強く、ラインが影響を受ける場合はウェイテッドフックが推奨。

3インチはライトテキサスが基本となります。

村川プロによる解説動画はこちら!

フォールスティックのスペック

フォールスティック4インチ

 

Size:4インチ

Weight:7.6g

推奨フックサイズ:SUPERIOR COフック#1/0  or  #2/0

Price ¥700(税抜)FECO対応

エンジン公式フォールスティック4インチ詳細ページはこちら

フォールスティック3インチ

Size:3インチ

Weight:3.7g

推奨フックサイズ:SUPERIOR COフック#2  or  LOフック#1  (オフセット通常仕様)

SUPERIOR MⅡフック#5  or  #6 (マス針ワッキー仕様)

Price:¥700(税抜)FECO対応

エンジン公式フォールスティック3インチ詳細ページはこちら

リングス(RINGS) プロフィール

釣用品総合商社ツネミのオリジナルブランドRINGS(リングス)。トータルブランドリングスにはさらに3つのカテゴライズがある。実践型バスブランドとなるENGINE(エンジン)、ショアからオフショアソルトまでのソルトルアーゲームアイテムがそろうECLIPSE(エクリプス)、そしてエリアとネィティブの現場からのフィードバックしたアイテムがそろうトラウトブランドDAYSPROUT(ディスプラウト)。