ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【オスとメスを釣り分けるコツ】スイムジグで探って「エスケープツイン」でフォロー!諸富真二が常に状況が変わる琵琶湖を攻略中

連載:諸富真二のめっちゃ若獅子!!

皆さん! こんにちは。

もう気付けば3月半ば。多くのバスが春モードになってきている琵琶湖です。前回は「スイムジグ大爆発」というコラムでしたが、やはり人も多くなってきた今日この頃。

諸富真二(Morotomi Shinji) プロフィール

1990年3月生まれ、滋賀在住。シャロー&カバーゲームを得意とし、独自の観点から生まれたアプローチを駆使してデカバスと渡り合う、「琵琶湖の若獅子」。新進気鋭のフルタイムプロガイド。

 

スイムジグに反応が無い場合は「エスケープツイン」でフォロー

スイムジグ一辺倒では、そんな甘くない現在の琵琶湖です。

という訳でここ最近はエサケープ「エスケープツイン」リーダーレスDSを多用中!スローダウンの釣りも織り交ぜながら状況に応じて釣っている日々でございます。

ノリーズ公式「エスケープ ツイン」詳細ページはこちら

 

 

スローダウンゲームで狙う場所

狙っているエリアはズバリ! 西岸の各ワンド内にあるミオスジ! 今年は西岸シャローにウィードがかなり少ないので、地形変化の絡んだミオスジに魚が溜まっている状態です。

特に井筒〜堅田エリアに今年はバス多し!

 

オスとメスの釣り分け方

さて、今の季節はスポーニング前の段階。つまりメスを釣ればかなりの高ウエイトとなります。そこで、ザックリとメスとオスの釣り合分け方を紹介していきます。

オス:基本的に「浅い所」にポジショニング。

メス:深い側をウロウロしながらフィーディング。

というのがメスとオスの大きな違いです。

モチロン、釣りたいのは「深い側でウロウロしながらフィーディングするメスバス」。

メスを釣りたければ、ミオスジの深い側にボートポジションを取って浅い側へルアーを投入するのが基本的なアプローチです。対してオスバスは浅い所のハードボトムがキーとなってきます。

 

メス狙いのタイミングとは

ただ、正直。この季節のナーバスなメスを選んで釣りにかかると、かなりバイトが少なくなってしまう事もしばしば。

ですので、ある程度釣り分けが重要だと思います。

 

メスを釣る有望なタイミング

・朝イチ

・気温上昇のタイミング(11時〜13時)

・風が弱い日の夕方(15時〜17時)

 

 

個人的にはこのタイミングにメスを狙いに行きますね。(※但し、コンディションは日々違うので臨機応変に対応するのが大切。)

経験上、体感的に「寒いっ!」って感じる日は、メスが中々口を使わない日が多いと思うので、そんな時にはオスバスに相手にしてもらいましょう。

琵琶湖のバスもかなり動き始めてますので、皆さんもガンガン琵琶湖に足を運んで下さいね〜。

 

最後に更に釣りに行きたくなっていただくために、ゲスト様がスイムジグで釣った動画を貼り付けさせて頂きます! それでは!

 

この投稿をInstagramで見る

 

LureNews(@lurenews)がシェアした投稿

 

WEB連載 諸富真二のめっちゃ若獅子!! は隔週 日曜日 配信!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらから、チェックしてみて下さい