ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

天龍・レイズスペクトラの中で、軽量ルアーを本流で使って喰わせたいならコノ1本

渓流釣りのイイ季節になってきましたね。

天龍のトラウトロッド「レイズスペクトラ」の性能を感じる時がきた!

というわけで、今回はレイズのカスタムロッドという位置づけといえるレイズスペクトラの中でRZS61LLをご紹介したい。

出典:天龍公式レイズスペクトラ詳細ページ

レイズが非常に扱いやすい性能があるのに対し、レイズ・スペクトラはさらに尖った個性を持たせた、使いこなせば鬼に金棒なロッドたち。

RZS61LL 渓流域のルアーを本流で使えるフィネスロッド

レイズスペクトラRZS61LLは、ナーバスな渓魚が全然相手をしてくれない(笑)ってな時の切り札的要素を持っていまして紹介したいのであります。

まず、レイズスペクトラは渓流域で小さなルアーを繊細に操り、渓流域はもちろん本流域で食い渋る魚に、狙った所に投げ、思うように操作し食わせる、そんなコンセプトなのです。

ベースとなったのはレイズのRZS51LL。61と51…つまりは1フィート長く、遠投性能が向上。

ただ、ロングレングスにすればダルくなる、それをなくすためにバットの張りを若干強くすることでサブネームのTwitchin’Customの通り、細かなアクションをシャープに伝えられる仕様となっている。

濡れた手でも滑らないよう、シートリングにローレットが刻まれデザインとしてもオシャレ

ウルトラライトとライトの間を表すLLアクションで、実はバットパワーはベースとなった51LLと同様。

パワーを上げるのではなく若干の張りを持たせたというのがキーで、ロングレングスながらキャスト、繊細なアクションをかけられるロッドなのです。

同様にレイズRZS51LLとの比較ではライン抜けのよさを考慮した1番手大きなサイズのガイドや、リアグリップの30mm延長によって、シングルハンドルでスパッと投げて軽快に操作できる仕上がりに。

ルアーウェイトは3~5g程度、特に5~7cmほどのミノープラグの扱いに長け、ライン設定はナイロン4~5lb、PEラインは0.4~0.6号が扱いやすい。フィネスな渓流域のタックル感覚で、本流域の頭のよい(笑)渓魚たちに口を使わせるロッドとなっています。

全長1.86m
自重74g
適合ルアー1~8g
適合ライン1~5lb
価格50,000円(税抜き)

天龍(テンリュウ)(てんりゅう)

1961年、六角竹竿加工業として下伊那郡鼎町下茶屋に塩澤製作所設立。1990年、株式会社 天龍に社名変更及び改組。創業当時、六角竹竿で一世を風靡し、1970年には日本初となるバスロッドを自社ブランドで発売。以降、カーボン素材を主軸に幅広い時代のニーズを先読みしたアイテムを輩出している。ソルトウォーターでは超軽量&高感度のSWライトゲームロッド「ルナキア」、ライトジギングでは「ホライゾン」が有名なほか、バス、トラウト、エリアフィッシング、さらにはテンカラなど、非常に幅広いジャンルでこだわりの強いロッドを生み出している。