ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

現場のリアルな声から生まれたゼニスのオフショアジギングロッド「ゼロシキマッハ3」

今回紹介するのはゼニスのオフショアジギングロッド「ZEROSHIKI MACH 3(ゼロシキマッハ3)」

このロッドを一言で表すなら「基本に忠実」な性能です。

現在、オフショアジギングでは様々なジャンルが展開され、タックルもそれに合わせて細分化されより専門性が高いロッドが多く登場しています。

とはいえ、オフショアジギングの釣りは体力勝負と言われており、とにかく1日中使い続けることができるロッドが大前提。

ロッド本体の軽さやジグの操作性など基本に立ち返ったモデルがこの「ゼロシキマッハ3」になります。

基本に立ち返ることで無駄を省いた「これさえあれば」のロッド!

この「ゼロシキマッハ3」は基本に忠実なロッドではありますが、決して凡庸なロッドではありません。

ヒラマサジギングの聖地と言われる平戸沖、五島列島をはじめ三重県鳥羽エリア・北海道エリアなどの様々なジギングシーンでテストを重ねて開発が進み、リアルな釣りの現場の中で何が必要で何が不要かを追求された仕上がりになっています。

なので、ロッドのウエイトやジグの操作性など基本に忠実でありながら、無駄をそぎ落とし「これさえあれば」だけを残した、より洗練されたロッドになっています。

コルクグリップ仕様することで得られる特別感

 

今回デザインにこだわったポイントがコルクグリップ仕様。

アングラーが使いたくなるようなデザイン、所有欲を満たしてくれるデザインに仕上がっています。

そもそもコルクグリップ自体、アングラーからの要望は多いのですが如何せん天然素材のため品質が揃わないなど難点が多くあるもの事実。

オフショアジギングでは稀なコルクグリップを採用することで、よりアングラーにこのロッドの特別感・所有欲を満たしてくれるデザインになっています。

展開機種は6種類

 

「ZEROSHIKI MACH3(ゼロシキマッハ3)」ではスピニング3機種、ベイト3機種の合計6機種がラインナップされています。

レングスは全機種1.88mの6.2ftの1ピースモデルの展開。お分かりかとは思いますが、型番の最後の数字がパワー表記となります。

フィールドや狙うターゲットにもよりますが、3番4番でかなり広い範囲に対応してくれます。モアパワーを求めるなら6番も。

ゼロシキマッハ3は、ジグを飛ばし過ぎずにアクションさせることができ、魚が掛かった後も非常にキレイに曲がって見た目にもウレしい(笑)。

それでいてリフト力はあるというか、ジワジワと魚を自然に浮かせてきちゃうのが魅力!

高品質なコルクグリップも使い込むほどに味が出てくるのではないでしょうか?

スピニングモデル
型番 全長(m) 継数(本) 仕舞寸法(cm) 自重(g) 先径/元径(mm) 適合ルアーウエイト(g) 適合ライン(PE)号 適合ドラグ(kg) カーボン含有率(%) 本体価格(¥)
ZSM62S-3 1.88 1 188 181 2.2/11.4 60-140 ~3 4.0kg/45° 98 35,000
ZSM62S-4 1.88 1 188 189 2.3/11.7 80-160 ~4 5.0kg/45° 98 35,800
ZSM62S-6 1.88 1 188 196 2.4/12.3 80-180 ~5 6.0kg/45° 97 36,500
ベイトモデル
型番 全長(m) 継数(本) 仕舞寸法(cm) 自重(g) 先径/元径(mm) 適合ルアーウエイト(g) 適合ライン(PE)号 適合ドラグ(kg) カーボン含有率(%) 本体価格(¥)
ZSM62B-3 1.88 1 188 188 2.2/11.4 60-140 ~3 4.0kg/45° 98 35,000
ZSM62B-4 1.88 1 188 195 2.3/11.7 80-160 ~4 5.0kg/45° 98 35,800
ZSM62B-6 1.88 1 188 204 2.4/12.3 80-180 ~5 6.0kg/45° 97 36,500

ゼニス公式ゼロシキマッハ3詳細ページはこちら

ゼニス/オクマ(ZENITH / okuma) プロフィール

1986年に台湾・台中市で設立されたリールメーカー「オクマ」。アメリカ、ヨーロッパ、北米やアジアなどワールドワイドに流通するオクマリール。低価格&高性能のリールをリリースしている。ゼニスは山口県下関市にあるロッドメーカー。ショアからオフショアまで幅広くルアーロッドを展開。ロッド製作工程の多くを自社で行い、高品質で定評がある。