ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【持ち帰って食べると絶品】富山湾の名物!「ホタルイカすくい」で必ず持っていきたいハピソンのオススメアイテム3選に注目

ホタルイカの身投げ。

ご存知の方もいれば何それ? って思う方も多いはず。

富山県・富山湾ならではの現象で、3月から5月にかけて産卵を控えたホタルイカが浅場へ接岸し、砂浜や堤防周りに大量に沸くことを「ホタルイカの身投げ」と呼びます。

ご存知の通り食べると絶品なので、県外からも多くの方がホタルイカをすくうため富山湾を訪れます。

波によって浜に打ち上げられたり物と接触することで青白くキレイに光ることから、ホタルイカすくいの方以外にも、写真撮影やその光景を見に来る人なども多く見受けられます。

 

ただ、3月から5月に富山湾に行けばいつでもホタルイカが沸いているという訳ではなく、その期間の中でも数多く見れるのは僅か数日。

絶対とは言い切れませんが、一般的に見られる条件としては、「夜(深夜)または未明(早朝)の新月」。新月(大潮)のタイミングは、真っ暗でホタルイカが方向を見失うことで誤って浜に打ち上がるという説もあるため、行くなら新月がオススメです。

実際にホタルイカすくいのスタイルも色々。砂浜から長い網を使うこともあればウェーダーで入水して短い網ですくう方法も。また、堤防の上からでもトライできるので家族連れの方にも手軽に楽しめると思います。

少し前置きが長くなりましたが、そんな「ホタルイカすくい」で誰もが欠かさず持っているアイテムといえば「ライト類」です。

フィールドは真っ暗なため、ライト類は必要不可欠。

さて! 今回は、既にシーズン中でもある「ホタルイカすくい」に是非持って行ってほしいハピソンのオススメライト3選を紹介していきたいと思います!

 

乾電池式高輝度LED水中集魚灯

まず紹介するのは「乾電池式高輝度LED水中集魚灯」。

名の通り水へ沈めるタイプの集魚灯です。堤防で入水させて使えるのはモチロン、ウェーディングで持ち歩きながらや、足元に置いて使うという方も居るそうですよ!

水中で500lmの明るさを実現し、水中を広く照らしてくれます。

 

スペック詳細

使用電源:アルカリ乾電池単1形 4本(別売)アルカリ乾電池をご使用ください。マンガン乾電池や充電池を使用すると沈みません。(80号以上の外付けオモリが必要です。)

電池寿命:全点灯連続約8時間 (20℃時) オートモード連続約32時間

最高光束:500lm

質量:約1.6㎏(アルカリ乾電池含む)

外形寸法:約直径123㎜×高さ300㎜

付属品:30mロープ・ロープ巻き・ポリ袋(乳白色)

 

ハイパワーLED水中ライト

浜や堤防周りを効率良く歩きながら探したり、ウェーディングでも活躍する「ハイパワーLED水中ライト」。

水中でも使えて海面も明るく照らしてくれるLEDライトです。「弱」と「強」2種類のモードに切り替えることが可能で、「弱」では約500lx/70lmの明るさ、「弱」は約2000lx/200lmの光を放ちます。

コンパクトで持ち運びやすいので、軽装備でホタルイカすくいに挑みたい方にはピッタリだと思いますよ!

ハピソン公式「ハイパワーLED水中ライト」詳細ページはこちら

 

スペック詳細

電池寿命:強点灯: 約2時間(アルカリ) 弱点灯: 約6時間(アルカリ)

光源:ハイパワーLED1個

大きさ:約φ55×140×55mm

質量:約260g(電池含)

ハイパワーLED 60m防水

 

高輝度LED投光型集魚灯

2020年に登場したサーティフォーとのコラボ集魚灯「高輝度LED投光型集魚灯」。

こちらは先程の水へ沈めるタイプではなく、置くタイプの集魚灯ですので堤防からのホタルイカ狙いに適しています。

灯りの種類も青緑色のLEDと電球色LEDの2種類に切り替えることができます。青緑色で約150lm、電球色LEDで約300lmの光を放ちます!

コンパクトで横に置いて海面を照らすだけでホタルイカを寄せることもできて見やすい! 手軽さを重視する方にオススメです。

ハピソン公式「高輝度LED投光型集魚灯」詳細ページはこちら

 

スペック詳細

【使用電池】乾電池単1型 4本 (別売)

【使用光源】青緑色LED、電球色LED

【使用温度範囲】0 〜 40℃

【電池寿命(20℃時)】青緑色:連続約10時間、電球色:連続約10時間(Panasonicアルカリ乾電池使用)

【光束】青緑色:約150lm、電球色:約300lm

【防水】IPX4

【外形寸法】約 幅125mmx奥行130mmx高さ200mm(フック収納時、首振り部が横向き時)

【重さ】約1.3kg(専用バッグ、Panasonicアルカリ乾電池含む)

【付属品】専用バッグ

 

シチュエーションによって、それぞれタイプを揃えるのも1つの手ですよね。以上! ハピソンがラインナップしている「ホタルイカすくい」のオススメライト3選の紹介でした。

ハピソン(Hapyson) プロフィール

充電式チェストライト・インティレイやヘッドライト、蓄光器、水中水魚灯、竿先ライト、バッテリーなどのライト関連、 ライン結び器、針結び器、エアーポンプなどの様々な便利釣具を世に送り出している。