ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

サーフエリアマルチロッド!天龍のパワーマスター・サンドウォーカー

出典:天龍公式パワーマスターサンドウォーカー詳細ページ

サーフ全般をカバーするマルチシリーズ、天龍の「パワーマスター・サンドウォーカー」。

パワーマスターがショアからのキャスティングゲーム用にラインナップされたシリーズで、ヘビーコア・プラッキング・ライト コアなど用途やジャンルごとで展開されています。

この「パワーマスター・サンドウォーカー」はサーフ全般に特化したモデルで、フラットフィッシュやシーバスは勿論、小・中型の回遊魚まで幅広く狙えるロッドになっています。

ルアーに関してもサーフエリアで多用するルアー全般を扱い易く、汎用性とパワーに優れています。

サーフ全般をカバーするマルチシリーズ

一般的にサーフゲームというとショアジギングやシーバスロッドを流用するアングラーも多いかと思います。

このパワーマスター・サンドウォーカーは汎用性を高めつつ、シーバスロッドより強くショアジグロッドよりライトに仕上げてあります。

その違いはルアーでの操作性に反映され、サーフエリアで使用されることの多い15~30gのルアー(ジグヘッド、メタルジグ、ミノーなど)が「投げやすく」て「バイトを弾かない」というのが特長になります。

サーフエリアの場合、シーバスからフラットフィッシュ、青物とそれぞれバイトやファイトに特徴のあるターゲットが揃っているので、そうした魚にも対応した性能になっています。

実釣インプレッション動画はこちら

動画でも語られていますが、ティップにかけてはとにかくしなやかに曲がるのが特徴です。

この曲がりというのが重要で、特にランディング時のバラシが大きく改善されるのは多きな魅力ポイント!

というのも、サーフのバラシはランディング時の押し波と引き波の連続でラインテンションが緩みやすくなるのが原因で、ロッドが曲がることでテンションが緩まずキャッチまで持ち込めるということになります。

そしてもう一つはキャスト性能!

しっかり曲がることでルアーウエイトを乗せてしっかり振り切ることができ、サーフゲームで重要な遠投性を確保してくれます。

曲がるけど飛ぶ、そんなバランス感覚が絶妙なロッドに仕上がっています。

ロッドブランクス

出典:テンリュウ

ロッドブランクスは軽量感を求め塗装を少なくしたアンサンド仕様。

そして、しっかりと張りがあるバットとしなやかなティップをつなぐジョイント部には天龍お馴染みの西陣織カーボン。

オシャレなだけでなく負荷のかかる部分をしっかりフォローしてくれる性能になっています!

ちなみに、リールシートにも西陣織仕様のカーボンパイプが採用されています。

出典:テンリュウ

リアグリップの長さは2機種ともに420mm。

このあたりもなかなか計算されていて、長いとキャストの引手として使いやすいけれど長過ぎたら邪魔になる、逆もしかりで短ければ操作しやすいけれどキャストでは物足りない

そんなバランスの丁度イイところがこの長さなのです。

ガイドパーツ

出典:テンリュウ

LGトップガイド、Kガイド(ステンレスフレーム・SiCリング)を採用し、キャスト時のラインの抜け感を良くしキャスタビリティが向上した設計です。

 PMS9102S-ML 近・中距離向けテクニカルモデル

出典:テンリュウ

MODEL LENGTH
( m [ft])
PCS. ACTION CLOSED LENGTH
(cm)
LURE WT
(g)
LINE
(lb)
PE
(号)
Drag MAX
(kg)
CARBON /GLASS
(%)
PMS9102S-ML 3.00[9’10”] 2 RF 153 Best20/Max45 MAX25 0.8-2 4 95/5

サーフ向けプラグ全般からジグヘッドリグなど、20g前後のルアーに相性が良いモデル。

ブレイクラインが比較的近いエリアなど、近距離から中距離が守備範囲。

シェイクやリフト&フォールといったロッドワークを得意とし、手首への負担が少ないバランスが魅力です。

PMS1032S-MLM 遠投性と操作性を両立させたバーサタイル・セミロングロッド

MODEL LENGTH
( m [ft])
PCS. ACTION CLOSED LENGTH
(cm)
LURE WT
(g)
LINE
(lb)
PE
(号)
Drag MAX
(kg)
CARBON /GLASS
(%)
PMS1032S-MLM 3.12[10’3″] 2 F 160 Best30/Max50 MAX25 0.8-2 4 95/5

サーフ全般をカバーするスタンダードモデル サーフエリアで多用されるルアー全般をカバーし、30g前後のプラグ類からジグヘッドリグが扱い易く、最大で50gまでのメタルジグをフルキャスト出来るモデル。

長時間のキャストを続けても疲れ難いバランスで、広いエリアを探る事に長けています。

天龍(テンリュウ)(てんりゅう)

1961年、六角竹竿加工業として下伊那郡鼎町下茶屋に塩澤製作所設立。1990年、株式会社 天龍に社名変更及び改組。創業当時、六角竹竿で一世を風靡し、1970年には日本初となるバスロッドを自社ブランドで発売。以降、カーボン素材を主軸に幅広い時代のニーズを先読みしたアイテムを輩出している。ソルトウォーターでは超軽量&高感度のSWライトゲームロッド「ルナキア」、ライトジギングでは「ホライゾン」が有名なほか、バス、トラウト、エリアフィッシング、さらにはテンカラなど、非常に幅広いジャンルでこだわりの強いロッドを生み出している。