ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【早春のオカッパリ・デイシーバス攻略】簡単チューンした鉄板バイブを使った爆釣法を佐川洋介が解説

寄稿:佐川洋介

佐川洋介(Yosuke Sagawa) プロフィール

東京湾奥をホームグラウンドに昼夜問わずランガンを繰り返すオカッパリシーバスゲームのエキスパート! WSSなどシーバストーナメントにも多数参戦し、高実績を残している。エバーグリーンプロスタッフ

こんにちは!エバーグリーンシーバスプロスタッフの佐川洋介です。

春本番が近いこのシーズンの東京湾では、シャローエリアでバチやアミを捕食するシーバスを小型~中型のミノーやシンペンで狙うナイトゲームが盛んですが、鉄板バイブを活用すればデイゲームにおいてもキッチリと釣果を得ることができるんです。

というわけで、今回は鉄板バイブを使った早春のデイゲームをご紹介します!

早春の甘くないデイゲームを打開する鉄板バイブ攻め

スポーニングも終焉を迎え、使い果たした体力を回復すべく積極的にエサを摂る個体が増えるのが3月頃。

シャローエリアではバチやアミを捕食するシーバスを小型~中型のミノーやシンペンで狙うナイトゲームが盛んになり、比較的イージーに数釣りを楽しめるタイミングも少なくないことから毎年楽しみにされている方も多くおられるかと思います。

しかし、そんなナイトゲームとは打って変わって、なかなか春以降の水温が高い時期のような釣れ方をしてくれないのがこのシーズンのデイゲーム。

水温が安定した沖のバースや停泊したタンカーなどには群れが集中しており、その群れを直撃で狙うボートゲームではデイでもイージーに釣果を上げている様子が見受けられるものの、オカッパリからこうした群れを直撃できる場所はかなり少なく、多くのシーバスアングラーにとって「この時期のデイは甘くないよな…」というのが正直な感想では!?

ただ、ナイトゲームでは普通にシャローで釣れていることからも分かる通り、オカッパリ圏内にシーバスがいないわけでは決してなく、やり方によってはデイゲームでもキッチリと釣果を出すことが可能なんです。

そのやり方の1つが、今回ご紹介する鉄板バイブによるボトムレンジのスロー攻略!

 

 

簡単でありながら極めて有効な鉄板バイブチューニング法とは

そもそもなぜ鉄板バイブか? その理由として、「抜群の飛距離」と「底取りのしやすさ」があげられます。

水温がまだまだ低く不安定なオカッパリ圏内のシーバスたちは、夜間などベイトが豊富になり積極的に捕食を行っている状況以外では、急激な水温変化を避け少しでも水深がある場所のボトムレンジにいることが多いんです。

港湾部であれば潮通しが良く水深がある海釣り公園や沖堤防の沖の地形変化、また、河川絡みであればナイトゲームで釣果が上がっているポイントの手前のシャローから一段水深が深くなる橋脚などの障害物周りやミオ筋、それに続くカケアガリ等にルアーを通す必要がでてきます。

だから、飛距離が出て底取りがしやすい鉄板バイブが使いやすいわけなんですが、それに加えてこのシーズンにキッチリ釣果を出すうえで、非常に重要なポイントとなるのが「スローに引く」ということ!

 

鉄板バイブをスローに引くために、フックを、ふた回りほと小さなモノにチェンジ

このシーズンのボトムレンジにいるシーバスたちは水温の低さから動きが鈍く、ルアーに興味を持っても追尾してくる距離が極端に短い傾向にあるのが特徴。そのため、そんな状態でも余裕で追いつけるスローなスピードでルアーを引く必要があるんです。

しかし、どちらかというと鉄板バイブはスローに引くのが苦手なルアー……。そこで私が行っているのが、フックをふた回りほど小さなモノにチェンジし、アクションのレスポンスを高めることでよりスローに引けるようにセッティングするチューニング方法。

これにより、鉄板バイブならではの「抜群の飛距離」と「底取りのしやすさ」ながら、従来のセッティングよりもかなりスローに引くことが可能になり、このシーズンでも圧倒的に釣果が出しやすくなるんです。

極々簡単なチューニングながら非常に有効になりますのでぜひみなさんにも試していただきたいと思います!

 

基本はボトムを取ってタダ巻きでOKだが小ワザを使ってさらに釣果増!

さて、次に操作方法ですが、基本的にはボトムを取って鉄板バイブのブルブルを感じるスピードで巻くだけでOKです。

注意点としては、ボトム付近を重点的に通したいので、ルアーが浮き上がってしまったなと思ったらボトムを取り直しましょう。特に足場が高いポイントでは浮き上がりやすいので、1キャストの中で少なくとも2、3回は底を取り直すのが良いと思います。

ただ、基本は巻くだけで釣れるとはいえ、それでは見切る、口を使ってくれないタフなシーバスが数多く存在するのもまた事実。

タダ巻きに口を使わない個体にはフォールもまぜるべし!

そして、そんなタフなシーバスに口を使わせる小ワザが実は「フォール」なんです!

具体的には、「ボトムを取って少し巻き上げたら再びボトムまでフォール」という動作の繰り返し。このフォールで、タダ巻きだけでは反応しないシーバスが反射的に口を使うことが多々あるんです。ちなみに、フォールさせる前にロッドをチョン! とアオり、ボディーをヒラ打たせるとフラッシングでシーバスに存在感をアピールできるのでより効果的ですよ。

なお、フォールの際の動作のコツとしては、巻き上げた距離が短く足場が低いようなら、ベールを返さずにラインを張ってフォールさせる「カーブフォール」で。カーブフォールはアタリが取りやすくフッキングもスムーズに行いやすいためです。

また、巻き上げた距離が長い場合や足場が高い場合などでルアーがボトムからだいぶ高く浮いるようなら、ベールを返してラインを出しますが、その際も完全フリーにするのではなくスプールに指を当ててラインが余計に出過ぎないよう制御してやると断然アタリが取りやすくなりますからオススメです。

シーバスがいそうなのにタダ巻きだけでは思うような反応が得られない場合は、ぜひ「フォール」を試してみてください!

関連動画 EG going! Vol.33 佐川洋介 アイアンマービー解説編 (SALT WATER)

出典:YouTubeチャンネル「EverGreenFishing」

ヒットシーン!佐川洋介氏プロデュース EverGreen/アイアンマービー【fimoルアー研究所】

出典:YouTubeチャンネル「fimoTV」

 

オススメの鉄板バイブと具体的なフックセッティング例をご紹介

オススメは私自身開発に携わった「アイアンマービー」

さて、今や世の中には多くのシーバス用鉄板バイブがありますが、特にオススメなのが私自身開発に携わった「アイアンマービー」!

アイテム 全長 自重 タイプ フックサイズ 価格
アイアンマービー 7.5cm 25.0g シンキング フロント:#5・リア:#5 1,300円(税別)

アイアンマービーはタダ巻きで釣れる泳ぎはもちろんですが、「飛行姿勢」と「フォール姿勢」の良さにもとことんこだわって作ったので、安定してよく飛び、さらにはフォール中に起こりがちなテーリング(フックがラインに絡むトラブル)が非常に少ないのが特長です。

テーリングが少ないことで、巻くだけでは口を使わないタフなシーバスも積極的にフォールを使って狙うことができますので、早春シーズンはもちろんオールシーズンかなり強力な武器になる自信作の鉄板バイブですよ。

スロー引きにするべく、フックは前後ともに細軸かつサイズも2回りほど小さい「がまかつ社RB-M#7」にチェンジ

そして、このシーズンに効果抜群のスローに引けるフックセッティングの具体例ですが、私の場合はもともとアイアンマービーに装着されている#5フックを、前後ともに細軸かつサイズも2回りほど小さな「がまかつ社RB-M#7」にチェンジ。

これにより、もともとのセッティングよりもだいぶスローに引いてもしっかり動くようになるので、このシーズンのシーバスの持つ追尾してくる距離が極端に短い傾向にばっちり対応。加えて、細軸ならではのフッキング時の貫通性の高さもタフなシーバスを狙う上でメリットになります。

なお「細軸の#7フックなんか簡単に伸ばされちゃうんじゃないの!?」と心配される方もおられるかもしれませんが、それは案外大丈夫です。このシーズンのシーバスはハイシーズンに比べるとパワーやエラ洗いが弱弱しいので、強引にやりとりしすぎないよう気を付ければ十分持ちます。

もともとの#5フックは、ハイシーズンのパワーのあるシーバスが相手でも身切れしにくい・伸ばされないようセッティングしているものですので、夏からのハイシーズンの釣りのために保管しておいてくださいね!

 

鉄板バイブを使ったデイゲーム! 使用タックルデータ

ロッド:アバンギャルド ZAGS-102AGS スプレマシー102AGS(EG)

モデル 全長 継数 標準自重 ルアー ライン 価格
ZAGS-102 スプレマシー102AGS 3.1m 2 157g 3~20g PE0.8~1.5号(MF6~12lb) 105,000円(税別)

リール:モアザン2510-PE-LBD(ダイワ)
ライン:R18完全シーバス0.8号(クレハ合繊)
リーダー:シーガー・グランドマックス4号(クレハ合繊)
スナップ:E.G.ワイドスナップ#2(EG)
ルアー:アイアンマービー(EG

エバーグリーンインターナショナル(EVERGREEN INTERNATIONAL)

昭和63年12月設立、大阪市西区を拠点とする総合ルアーメーカー。名竿コンバットスティックシリーズの各バスロッドブランドや実釣力の高い各種バスルアーを多数輩出。またエギングやジギング、ライトSWなどSWゲームの各魚種をターゲットにしたポセイドンシリーズのロッドやルアーも高い支持を集めている。