ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ゼニスの高性能SLJロッド「ゼロシキスーパーライトスペックTZ」に、7フィートのロングレングスが

ZENITH(ゼニス)から、スーパーライトジギングロッドのNEWアイテムがそろそろ追加となりそうだ。

新たにZEROSHIKI(ゼロシキ)スーパライトスペックTZに追加されるのは、ゼロシキスーパーライトスペックTZフルキャスト

ゼロシキとは

ゼロシキとはゼニスロッドの中で一大ラインナップを誇るジギングロッド群。

ガチな青物と対峙する「ゼロシキマッハ」シリーズ、もうワンランクライトな「ゼロシキミッド」シリーズ、さらに「ゼロシキライトスペック」、「ゼロシキスーパーライトスペック」と、あらゆるオフショアジギングを網羅し、ゼニスといえばゼロシキというイメージもすっかり定着したロッド。

7フィートのロングレングスが登場予定

さて、そのスーパーライトスペックのTZ(トルザイト)リングガイドモデルに追加されるのはスピニングの70ULと70Lが予定されている。

実はこれまでのスーパーライトスペックTZは62、63がラインナップされていましたが、初の7フィートとなる(全長2.15m)。

7フィートのワーンピースが求めたものは、キャスト性能や飛距離、そして誘いの幅。

飛距離はもちろん、スーパーライトジギングは不意なナブラなどでのピンポイントキャストが時に求められることも。そういった部分が大幅に向上したばかりか、そもそも飛距離が稼げるということは斜め引きで誘う幅も広くなり、アドバンテージが得られる。

また、そのレングスを活かしたリフト&フォールでは大きく誘えるので食わせの間もより演出させやすくなっている。

シャキっとしたキャストフィールがありながら、非常に粘りがあるゼニス特有のブランクスは言わずもがな。

スーパーライトジギングに新たな可能性を広げるロングレングス、登場が楽しみですね。

ステンレスガイドとチタンガイドのそれぞれ機種

ゼロシキスーパーライトスペックTZフルキャストは全4機種(いずれも7フィート)でステンレスフレームトルザイトリングガイドのULとL、チタンガイドフレームトルザイトリングガイドのULとLとなっています。

ゼニス/オクマ(ZENITH / okuma) プロフィール

1986年に台湾・台中市で設立されたリールメーカー「オクマ」。アメリカ、ヨーロッパ、北米やアジアなどワールドワイドに流通するオクマリール。低価格&高性能のリールをリリースしている。ゼニスは山口県下関市にあるロッドメーカー。ショアからオフショアまで幅広くルアーロッドを展開。ロッド製作工程の多くを自社で行い、高品質で定評がある。