ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【全身リブだらけの柔軟ボディ】タフコン時の切り札にはコレ!「Viva Ring R(ビバリング・アール)」に3種の新色が登場

サターンワームシリーズなどでもお馴染み、「Viva(ビバ)」。釣果重視のルアーやワームを開発すべく、試作しては現場でテストを繰り返し、コダワリ満載のアイテムを多く取り揃えているブランド。

さて、そんなViva(ビバ)のアイテムの中から今回紹介するのは、柔らかいボディに深いリブを纏った「Viva Ring R(ビバリング・アール)」。

2021年4月に3種の新色が登場するということなので、今回はそちらに注目していきたいと思います!

 

「Viva Ring R(ビバリング・アール)」に3つのNEWカラーが登場!

2021年4月登場予定

では、早速! 新色の紹介をしていきます。

登場するカラーは、「シュリンプシュリンプ」、「バブルガムピンク」、「スカッパノン/ブルーF」です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

LureNews(@lurenews)がシェアした投稿

 

では、各カラーを紹介していきます。

シュリンプシュリンプ

エビの多いフィールドで使うと効きそうなカラー! ネコリグなどで手長エビっぽくボトムを這わしながら、時々トゥイッチなどを交えて使ってみても良さそう。

 

バブルガムピンク

豪雨や台風後の、水がドチャ濁りの時に威力を発揮しそうなカラー。また、このカラーはSWゲームでも実績のあるカラーだそうですよ!

 

スカッパノン/ブルーF

こちらはバスワームの超定番色。このカラーの有効性は皆さんもお分かりのハズ。幅広い状況やフィールドに対応。赤色が含まれていることで、バスの目から「見えたり消えたり」するから釣れるとも言われているカラーです!

 

そもそも「Viva Ring R(ビバリング・アール)」とは?

新色の紹介も終えたところで、「Viva Ring R(ビバリング・アール)」について解説していきます。

サイズ 数量 カラー
3inch 8本入り 18色

価格:オープン

Viva公式「Viva Ring R(ビバリング・アール)」詳細ページはこちら

 

深いリブと柔軟なボディが魅力

そもそも「Viva Ring R(ビバリング・アール)」はソルト含有素材を採用したリングワーム。

ボディ全身を纏った多数のリブと柔らかいボディが最大の魅力。バスの好む水流を発生させながらテールも微波動を生み、水中で小魚やエビのような艶めかしいアクションを演出。

また、リブの多さによって3inとは思えないバルキーシェイプで存在感ありマクり!

これらが全て合わさることによってスレバスを魅了、タフコンディション時にも威力を発揮します。

 

また、以下の写真を見てもらうとお分かりいただけるはず。記者自身も前々から気になっていたボディ上側のリブの無い箇所。

 

これはオフセットフックをセットする時のフックポイントを抜く目印として使うことができるそうです! また、ネコリグでのマス針をセットするポジションとしてもオススメ。

同じ位置にフックを貫通させたりセットすることによって、常に安定したアクションを生みだせるんだとか。

 

ライトリグでの使用がオススメ

柔らかめに設定したボディによって比較的ナチュラルな動きを得意とし、1/8ozといった軽めのウエイトを使った、ジグヘッドやダウンショットリグで使用することがオススメ。

ボトム周辺をロッドワームを加えながら、跳ねさせるようなイメージでアクションさせるとバイトが多いとのこと。

ジグヘッドへの装着例:食わせよりフッキングを重視したいならもう少しフックサイズを上げましょう

 

既存カラーも目が離せない!

今回紹介した新色を加えると全18色になった「Viva Ring R(ビバリング・アール)」。既存カラーも是非新色と一緒に使い分けてみてくださいね!

 

ちょうど、春バス攻略が面白くなる4月に登場予定の「Viva Ring R(ビバリング・アール)」の新色。
リリースが待ち遠しいですね。

Viva(ビバ)

バスフィッシングアイテムをメインにナマズやエリアトラウトなどのアイテムを輩出しているブランド! コーゾースピンシリーズ、どんぐりマウスシリーズ、Vivaのサターンワームシリーズなどオカッパリで使いやすいアイテムが特に人気を集めている。