ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

初めての釣り場でのSLJ(スーパーライトジギング)満喫法

寄稿:鳴瀬 雄太

鳴瀬 雄太(Yuta Naruse) プロフィール

幼少期より釣りに親しみ、現在は玄界灘・響灘を中心にスーパーライトジギングのエキスパートとして活躍しているサラリーマンアングラー。 休日はほぼ釣り場へと出掛けている。愛称は、なるちゃん・海坊主などなど。 1985年生まれ。福岡県出身  福岡県在住。■ダイワ SWチームテスター

みなさん、こんにちは鳴瀬 雄太です!

今回は地元の北九州を離れて、大分県・臼杵(うすき)湾でSLJ(スーパーライトジギング)にチャレンジしてみました。

実は臼杵湾は今まで全くやった事のないエリアだったのですが、今回は、そんな釣行で実践した「初めての釣り場でSLJを楽しむための方法」をご紹介したいと思います。

初めての釣り場でのSLJを楽しむためのアプローチ法

さてSLJでは基本的には2通りの誘い方があります。

1つがボトム中心で狙う方法。

そしてもう1つはか中層を手早く探る方法です。

この2通りの探り方をするにあたって、基礎となるのは狙うターゲットが何なのか? を意識すること。

 

で、今回は臼杵湾のシロアマダイを狙ってみよう! ということで、基本となる狙い方はボトム中心となりました。
このアマダイを狙う際に気を付ける事は、ジグをボトムに着底させてあげたら誘い上げはボトムから5mくらいまでが基本となり、ボトムをジグで叩いてすな砂煙をあげてアマダイにアピールさせてあげます。

この誘い方を基本的に繰り返す事で、魚からの反応を出してゆくのですが、何せ初チャレンジのエリアでもあり、釣れてくるのはゲストが多かったのですが、釣り続けていく中で本命のシロアマダイが姿を見せてくれました。

今回のようにターゲットを決めて釣りに臨むのもありですし、色々なターゲットを狙っていくのもありなので、これからの春シーズン色々な魚が活性化してくるので、皆さんタックルの準備を万全にして臨んでくださいね。