ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

天龍のオフショアキャスティングロッド「スパイク」から近海ライトモデル「スパイクボニート」2機種が登場!

2021年、初夏に天龍のスパイクのサブネームボニートから2機種が追加になります。

昨年はYellow Tailの3機種とTunaの2機種がリニューアルされましたが、今回のボニートはカツオやシイラ、サワラ、青物で言えばワラサといったややライトなターゲットを対象としたロッドになっています。

これまでのYellow TailやTunaに比べるとややマイルドなロッドにはなりますが、テクニカルに誘う技術、操作性は抜群!

シーリーズ通して採用されている「カーボンナノチューブ」によるブランクのネバリ強さが備わっているので、よりパワフルにファイトができる仕上がりになっています。

仮に1mクラスのシイラや5kgオーバーのカツオが掛かっても安心してやり取りができる性能になっています。

今回追加される機種の解説動画も公開されています!併せてチェックしておきましょう!

近海ライト・テクニカルモデルSK672S-LML (Bonito)

LENGTH
( m [ft])
PCS. CLOSED LENGTH
(cm)
LURE WT
(g)
LINE
(PE)
DRAG MAX
(kg)
REAR GRIP LENGTH
(mm)
TIP DIA
(mm)
ROD WT
(g)
PRICE
2.00[6’7″] 2 (O.S.H) 148 MAX60 MAX2.5 5/45° 390 2.2 186 ¥38,500

このSK672S-LMLのポイントは取り回しの良さに特化したモデルになっています。

シリーズ通してカーボンナノチューブがブランクに搭載されているので、ネバリ強さはスパイクならではの仕上がりになっています。

パワーもLML表記ではありますが、1mクラスのシイラが掛かっても安心してファイトができる、アングラー側の体にも負荷がかかりすぎないようにこだわって作られています。

使用するルアーは最大60gで、使いやすいところでは20~40g。

ルアーの種類もジグやジグミノー、トップウォーターなど幅広く使用でき、操作性に優れているのもポイントです。

近海ライト・オールラウンドモデルSK722S-ML (Bonito)

LENGTH
( m [ft])
PCS. CLOSED LENGTH
(cm)
LURE WT
(g)
LINE
(PE)
DRAG MAX
(kg)
REAR GRIP LENGTH
(mm)
TIP DIA
(mm)
ROD WT
(g)
PRICE
2.19[7’2″] 2 (O.S.H) 167 MAX80 MAX3 6/45° 390 2.5 207 ¥41,000

このSK722S-MLは近海ライトで汎用性が高く、オールラウンドモデルとして活躍できるロッドです。

使用できるウエイトも最大80gで、使いやすいところでは30~50gの設計になっています。

ラインも最大PEの3号を使用でき、近海のライトのなかでも太いラインを使うことができるので、近年人気の高い5kgオーバーのカツオをキャスティングで狙うといった釣りでも重宝するロッドになっています。

大型のターゲットが掛かってもしっかりバットが曲がり、対応できるのでこの一本で近海ライトが楽しめるように作られています。

天龍公式スパイクボニート詳細ページはこちら