ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【サイトフィッシング専用設計】O.S.Pが本気でミミズを再現した噂のワームが遂に公開!その名も「MMZ(エム・エム・ズィー)」

ハイプレッシャー化するフィールド。

ブラインドでも一筋縄では行きませんが、特に難しいのがサイトフィッシング。水質がクリアで魚との距離も近いことで、普通にアプローチするだけでは中々反応してくれません。

そこで! 今回紹介するアイテムは、見えバスを釣ることを前提に開発が進められたO.S.Pの新作ワーム。記者自身も実物を拝見してきましたが、かなりヤバそうでした…。

 

MMZ(エム・エム・ズィー)【O.S.P】

その名は「MMZ」。

「ミミズ」の頭文字をとってこのネーミングに決定。独特な曲がり方をした形状が何と言っても特長的ですよね。

サイズは「NAMI(ナミ)」と「CHIBI(チビ)」の2サイズ展開。サイトフィッシングで見えバスを狙う際に良く反応するサイズで、まずはこの2サイズを発売予定。今後サイズの幅も広げる予定なんだとか。

 

並木敏成さんのショートムービーも是非チェック!

 

この投稿をInstagramで見る

 

LureNews(@lurenews)がシェアした投稿

 

独特な曲がり方をしたシルエット

「MMZ」の最大の特長は独特な形状。

コンパクトな見た目ですが、真っすぐ伸ばすと「CHIBI(チビ)」で約3.8in、「NAMI(ナミ)」で約6inくらいの長さがあります。

あえて曲げることで食べごろサイズになると同時に、独特なシルエットによって思わずバスも口を使ってしまうそうです。

 

上:CHIBI(チビ) 下:NAMI(ナミ)

 

また、元々大きいワームを曲げて小さくしているので重さがあり、コントロールさせやすいのも特長の1つ。狙いたいスポットへ正確に落とし込むことができます。

比重自体は軽く、超スローフォールを演出。ジワーッとミミズが水中に落ちる動きを演出します。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

LureNews(@lurenews)がシェアした投稿

 

動かないアクションがキモ

O.S.Pが手掛けるストレートワームは、自発的にアクションするアイテムが多く揃っています。これらは自ら動いてバスに見つけさせるという狙い。

ただ近年、全国的にハイプレッシャー化が進んでいるため、状況によって動きすぎると見切られるケースもあります。

そんな時に出番となるのが「MMZ」。あえて動かないように設計しているところがポイント。

ボディが曲がっていることで水を受ける位置が分散、派手には動きませんが僅かな微振動を生み出します。この小さな動きがこれまでのワームには無かった波動を発生。

 

水中映像がこちら!

 

この投稿をInstagramで見る

 

LureNews(@lurenews)がシェアした投稿

 

ノーシンカーリグでの使用が基本

「MMZ」は基本ノーシンカーリグで使用。特にノーシンカーワッキーが効果的です。

従来のストレートワームはフォールでV字型を演出してフォールするものが大半ですが、「MMZ」に関しては曲がった形状をキープしながらフォール。

この特殊な形状で落ちていくワームはモチロン「MMZ」だけ。この見慣れないフォールアクションが見えバスを魅了します。

 

マス針チョン掛けでも効果絶大

更に、裏テクニックとしてオススメなのが頭にマス針をセットしたチョン掛け。

これをボトムまで沈めてトゥイッチさせることで、バネのように伸びて縮むという本物のミミズのような動きを演出。

ストラクチャー周りで使用する時は、ボディの曲がりを利用して障害物に引っ掛けながらシェイクといった高度テクニックにも対応。

 

本物のミミズをリアルに再現し、サイトフィッシングで有効となるアクションを追求して完成に至った「MMZ」。

是非気になる方はリリース後、試してみてくださいね!

 

「MMZ」関連動画も是非チェック!

【並木敏成が徹底解説】2021年のO.S.P注目NEWアイテム大集合!「パート4:MMZ」

出典:YouTubeチャンネル「LureNews.TV」

O.S.P(オー・エス・ピー)

2000年6月設立。日本のみならず世界で活躍した並木敏成が代表として自身の経験を活かし、「10 Years Standard(10年基準)」をコンセプトにモノ作りを行う。日々生み出されるルアーは定番となり、多くのバスアングラーから熱く支持されている。