ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ボディ後半がワーム素材】食わせ特化型NEWビッグベイト!O.S.P「火蓮(カレン)」が遂に降臨

「火蓮(カレン)」。

O.S.Pから初登場となるビッグベイトの名称。炎のようにテールが動くという意味が込められています。発売前から色々情報が飛び交っていますが、2021年の夏にいよいよ登場。

今回はNEWビッグベイト「火蓮(カレン)」に秘められた性能について詳しく解説していきます。

 

O.S.Pがこれまでビッグベイトを出してこなかった理由

本題に入る前に、O.S.Pがこれまでビッグベイトを出してこなかった理由について少し解説。

O.S.Pからビッグベイトを出して欲しいという要望は前々からあったそうですが、O.S.Pはあくまで釣果重視のメーカー。トーナメンターである並木敏成さんが代表を務めていることもあり、トーナメントで使用頻度の高いルアーを中心にこれまで開発が進められてきました。

 

トーナメントは如何なる状況でも5匹を揃え、そのトータルウエイトで勝負する必要があります。

これまで登場してきたルアーの数々はトーナメントでの使用を前提にしたもの。つまり、トータルバランスに優れる勝つためのルアー。

スピナーベイトやクランクベイト、トップにワームなど…、実釣性能に長けたアイテムを中心に作り上げてきました。

 

そう考えると、当時のビッグベイトは1本のデカバスを釣るためのルアーと言う考えもあり、今ではコンパクトな食わせ能力に優れたビッグベイトがあるものの、当時はそのようなタイプが確立されていませんでした。

そういった理由から、O.S.Pはこれまでビッグベイトを作ってきませんでした。

 

釣果重視のメーカーO.S.Pが本気で作り上げたビッグベイト「火蓮(カレン)」

2021年8月登場予定

そんな、釣果重視という考えをそのままに開発が進められ、完成したビッグベイトが「火蓮(カレン)」。

 

1匹のデカバスを釣り上げるというよりは、コンスタントにバスを拾っていくためのビッグベイト。その結果、到達したのがボディ前半がプラスチックで後半がワーム素材。

ワームとのハイブリッドの有効性に気が付いたのは約5年前。

並木敏成さんとJBTOP50で活躍中の小林明人さん2人を軸に、ワームとプラスチックを融合したルアーをこれから研究していこうと決め、何度もテストを繰り返して現在に至ります。

並木 敏成(Toshinari Namiki) プロフィール

1966年10月17日生まれ、神奈川県出身、東京都在住、血液型A型 ●1990年東京水産大学(現 東京海洋大学)卒業 ●1990-1992年ダイワ精工在籍 ●1991-1994年JBトーナメント参戦、JB在籍期間内に最多優勝回数および最多入賞(5位以内)回数を記録 ●1995-2000年アメリカにわたりB.A.S.S.トーナメントに参戦、1997年プロサーキット(TOP100)から初の外国人(日本人としてももちろん初)のバスマスターズクラシックに出場を果たす●2000年O.S.P設立 ●2003-2006年FLWトーナメントに参戦 ●2005年FLWツアートーナメント年間2位 ●2003&2005&2006年FLWチャンピオンシップクオリファイ ●2006年帰国、日本を中心にバスフィッシングの普及&啓蒙活動に尽力。 著書、出演DVD多数、TV番組「情熱大陸」出演。 ●2018年再びアメリカのトーナメントに参戦中

小林 明人(Akihito Kobayashi) プロフィール

JBTOP50に昇進後、JBトップ50年間成績8位、JBトップ50第1戦6位、JBトップ50第3戦4位、JBII霞ヶ浦第2戦2位などの数々の高成績を残してきた。 得意なスタイルはパワーフィネスによるカバー撃ちでその技術はトップカテゴリーの他選手からも一目置かれているほどである。

 

そのハイブリッドワームとして第一弾目に登場することになったのが「火蓮(カレン)」です。

 

ボディサイズは約7inで180mm。一番日本の状況で守備範囲が広く、あらゆる状況に対応できる大きさです。

テスト釣行から釣果は凄まじく、関東を代表するメジャーレイク、津久井湖では1日で60cmと55cmを捕獲。

そんな、驚異的な実釣性能を秘めたNEWコンセプトビッグベイト「火蓮(カレン)」が2020年の8月に登場。

 

その驚異的な釣果を叩き出した動画がコレ!

出典:YouTubeチャンネル「LureNews.TV」世界のT.ナミキ釣りベース

 

「火蓮(カレン)」に搭載したワーム素材のギミック

「火蓮(カレン)」の最大の特長はプラスチックとワームのハイブリッド。

 

ワームとプラスチックの組み合わせは比較的、キレイなアクションを生むことが難しく、僅かなことで横へ曲がって泳いでしまいがち。

ただ、何度もテストを繰り返した「火蓮(カレン)」はその弱点を克服。

ブレることなく真っすぐスイミング、例えデッドスローリトリーブやファストリトリーブでも横に傾かず、安定した軌道を保ち続けながら泳ぎます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

LureNews(@lurenews)がシェアした投稿

 

その真っすぐな動きに魅了され、バスもチェイスしてきてバイト。

ボディ全体がプラスチックのルアーで見切っていたようなバスでも、ボディ後半のワーム素材によってバイトしてくるそう。

それなら、オールワームで良いのでは? と考えられますが、それだと普通のスイムベイトと同じになってしまい、リップを付ける位置にも困ってしまう。

リップがあるからこそクランクベイトのような、ウォブリングアクションを演出し、広いエリアを効率的にサーチできる。そういった理由からワームとのハイブリッドに決定。

ボディ前半のプラスチックの箇所を精度良く緻密に設計してアクションの基盤を作り、その動きをボディ後半のワーム素材が追従。

スレバスを魅了させる艶めかしい動きを演出します。

 

ワーム素材も細部まで工夫が

魚の形をしたワーム素材をただ取り付けただけでなく、細部にまでこだわって暴れすぎずタイト過ぎない動きを追求。

ジョイントの形にボディの厚み、テールの長さを上と下を変えるなど細かい箇所まで徹底追及。そうすることで実際に釣果も変わったという。

また、ワーム素材の中にエアホールを設けているのも大きな工夫の1つ。

どうしても後半のワーム素材が前半のプラスチック素材よりウエイトが重くなってしまうので、水中で直立してしまいます。

それを阻止するためにエアホールで水中バランスを整え、ステイ中は若干頭上がりの姿勢をキープしながらライズアップアクションを演出。

 

ワーム素材は強度も十分

ワーム素材なのでボックスに収納しているとクセがついてしまったり、実釣時に裂けてしまうのでは? という不安もあると思いますが心配無用。

長持ちすることも視野に入れているため、柔らかくてしなやかさを残しつつ、ハリを持たせた高強度素材を採用。

 

上の写真は12匹のバスを釣った「火蓮(カレン)」。これだけ多くのバスを釣ったのにも関わらずワーム素材が全く裂けていません。

 

ハリのあるワーム素材はこちらのショートムービーでチェック!

 

この投稿をInstagramで見る

 

LureNews(@lurenews)がシェアした投稿

 

スペアも付属

ただ、どうしてもワーム素材なので、長く使い続けたりストラクチャーに引っ掛けたりすると裂けてしまうケースも。

そんな時でも対応するようにスペアも付属。簡単にワーム素材の交換を行えます。

 

スナッグレス性に優れたリップ

ボディ前半に搭載したワイド形状のリップ。

リップと言うのはアクションを生むためのパーツですが、このリップはスナッグレス性も考慮して設計。

ボディ幅と同じような幅を持たせることで、リップが先にストラクチャーにコンタクトするので、根掛かりにくいというメリットがあります。

 

カバー周りを果敢に攻めることができる

つまり、ストラクチャー周りを果敢に攻めることができます。

 

引っ掛かりにくいリップ設計とボディ後半のワーム素材によってオーバーハング下を、ノーシンカーワームのようにスキッピングでダイレクトに攻めることができ、暗いカバーの中からデカバスをバイトさせる。

カバーを躊躇することなく直接的に攻めることができるというのも、優れた釣果を叩き出す大きな要因なのではないでしょうか?

 

トリプルフックはハヤブサの「ケンクロウ」が標準装備

標準装備しているフックはハヤブサが手掛けるトリプルフック、「ケンクロウ」。

 

僅かに触れるようなバイトでも逃さず掛けるフックが最初から搭載。

リアフックはワーム素材に付属しているので、ファイト中もバスの動きにフックが追従し、バレにくくなっています。

 

引っ掛かりそうなストラクチャー付近ではフロントフックだけのセッティングがオススメ

引っ掛かりそうなカバーでも攻めてみたい! なんて時はトリプルフックをフロントだけを残してリアを外します。

それでも、バイト時にワーム素材が曲がってくれるので、フックが1箇所だけでも充分掛かります。

 

多種多彩なアクションを難なくこなす

「火蓮(カレン)」は多彩なアクションが出せるビッグベイト。

タダ巻きでは超早巻きからデッドスローまで幅広く対応。実際に泳ぎを見せていただきましたが、限界のスピードでリーリングをしても泳ぎが破綻することなく、真っすぐに泳ぎます。

 

また、超デッドスローアクションでは、引き波を立てながら存在感のあるアクションを演出。

 

トゥイッチではボディを左右にくねらせてドッグウォーク。

 

「火蓮(カレン)」はサーチベイトとしても使え、時にはジックリ食わせのアクションを組み込める超万能ビッグベイトに仕上がっています。

ここまで詳しく解説してみましたがいかがでしたか? O.S.PのNEWコンセプトのビッグベイト「火蓮(カレン)」。

発売が待ち遠しいですね。

 

「火蓮(カレン)」関連動画もお見逃しなく!

【並木敏成が徹底解説】2021年のO.S.P注目NEWアイテム大集合!「パート2:火蓮(カレン)」

出典:YouTubeチャンネル「LureNews.TV」

O.S.P NEW BIG BAIT PROJECT

 

O.S.P NEW BIG BAIT PROJECT 相模湖実釣テスト【小林明人】

出典:YouTubeチャンネル「O.S.P」

O.S.P(オー・エス・ピー)

2000年6月設立。日本のみならず世界で活躍した並木敏成が代表として自身の経験を活かし、「10 Years Standard(10年基準)」をコンセプトにモノ作りを行う。日々生み出されるルアーは定番となり、多くのバスアングラーから熱く支持されている。