ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

船釣り初心者必見!オフショアライトゲームに持っていくべきメイホウの便利アイテム5選!

スーパーライトジギングはじめ、オフショアでのライトゲームが注目を集めています。

タックルの手軽さや初心者の方でも簡単に様々な魚を狙えることもあり、利用する方も増えています!

しかし、これからオフショアの釣りを始めるにしろ、どんなアイテムが必要か、何を持っていくべきか分かりませんよね?

ショア感覚で行ってしまうと、後悔してしまうこともあります。

今回はそんなオフショアビギナーの方必見!あると便利なメイホウのアイテムをご紹介していきます!

バッグタイプではなくタックルボックスが最適!VS-7055

実は筆者、先日オフショアゲームに挑戦してきました。

そのときの最大の失敗が、いつものショア感覚でバッグで行ってしまったこと。

船の場合、移動時に波をかぶることも多く、バッグは水浸しに…。

途中ミゾレ交じりの雨にも当たり、帰り道は悲惨なことになりました。

そうした点からもバッグではなく、タックルボックスタイプが非常にオススメ!

メイホウといえばバケットマウスやランガンシステムボックスなど様々なタックルボックスが展開されていますが、なぜVS-7055なのか?

その理由は他のモデルに比べサイズがコンパクトで、持ち運びに優れているから!

寸法も313×233×222mmとコンパクトで、収納も上段下段と分けられるので、現場での使いやすさも抜群です!

筆者も上段にはプライヤーやスナップ、ラインなど頻繁に使用するものを、下段にはルアーケースやジグサビキなどを収納しています。

また下段は締めてしまえば浸水の心配もないので、財布やWi-Fi端末の収納にもオススメです!

肝心の収納ですが、十分にスペースを備えているので、ライトゲームではこの容量でも十分すぎるほど!

同サイズ設計のVW-2055も非常にオススメです!

メイホウ公式VW-2055詳細ページはこちら

リバーシブルシリーズ

ジグケースはリバーシブルシリーズがオススメ!

両面に収納ケースが備わっていて、水抜きダクトがついているので、ケースごと丸洗いが可能!

タックルボックスVS-7055(VW-2055)の内寸も横が23mmのため、リバーシブル120・160・180V・145・140・100はピッタリ収まります。

筆者のオススメはリバーシブル120!

ジグが12個も収納でき、ケースごと丸洗いできるので、ライトゲームにはこのケース一つで十分です。

メイホウ公式リバーシブル120詳細ページはこちら

リバーシブルシリーズの紹介記事はこちら

これがあればフックの絡まりも解消?MEIHOのリバーシブルルアーケースシリーズ!

ロッドスタンド(BM-250 Light)

船にはロッド立てがついている場合もありますが、予備のロッドを立てておく意味でもロッドスタンドは不可欠です。

ロッドスタンドには先端にラバー素材が取り付けられているのも大きなポイント!

船の場合、移動中の揺れでリールやロッドに傷がついてしまう場合もあるので、そうした点でもこのロッドスタンドは非常に重宝します!

ロッドスタンドはロッドの径によってサイズが異なりますので、使用するロッドにあわせて選びましょう!

スタンド穴径35mm:メイホウ公式ロッドスタンドBM-250 Light詳細ページはこちら

スタンド穴径35mm:メイホウ公式ロッドスタンドBM-230N詳細ページはこちら

スタンド穴径45mm:メイホウ公式ロッドスタンドBM-300 Light詳細ページはこちら

スタンド穴径45mm:メイホウ公式ロッドスタンドBM-280詳細ページはこちら

何にでも使えるルアーホルダーBM

そして最後はルアーホルダーBM。

このルアーホルダーBMの注目ポイントはロッドスタンドとタックルボックス、どちらにも取り付けできるところ。

タックルに取り付けたルアーの収納やフィッシュグリップなど、頻繁に使うアイテムの収納にも便利です。

メイホウ公式ルアーホルダーBM詳細ページはこちら

丸型仕掛巻ちびまる

ライトゲームでよく使うジグサビキ。

そうしたジグサビキの収納に最適なのがこの丸型仕掛巻ちびまるです。

内側がスポンジになっているので、サビキ仕掛けも簡単に巻き取れます!

多くの人がジグサビキを使い捨てにしてしまうことが多い分、この丸型仕掛巻ちびまるがあれば繰り返し使えるので持っておいて損なしのアイテムです。

この丸型仕掛巻ちびまるはサイズが90・70・56の3サイズ展開しています。

ジグサビキのような短めのものは56サイズで収納可能です。

メイホウ公式丸型仕掛巻ちびまる56詳細ページはこちら