ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ありそうで無かった便利アイテム】収納しずらいタコエギがキレイに入る!明邦化学工業の2021年新製品「タコエギストッカー」

新製品総力特集2021

2021年も釣りで重宝する便利アイテムを発表した「明邦化学工業」。

皆さんは新製品情報をチェックしましたか? 「フィッシングショーOSAKA2021Web&TV」公式の出展社ページ(明邦化学工業の新製品ページはこちら)や、YouTubeチャンネル「フィッシングショーOSAKA」(解説動画はこちら)でも、新製品の解説動画が公開していますので、チェックがまだという方は是非ご覧になってみてくださいね!

さて! 記者自身も新製品情報が公開されたと同時にチェックしましたが、そんな中でも、今回はこれまでありそうでなかった便利な新作ケースを紹介していきます!

 

タコエギストッカー

名の通り、タコエギ収納に特化した新作ケース「タコエギストッカー」。

これまでタコエギを収納する際、ルアーケースもしくはエギ専用のケースを代用していたという方も少なくはないはず!

こちらは、フックが大きくボリューミーなタコエギをキレイに真っすぐ収納することができる画期的な専用ケースとなっています。

 

以下の写真のようにタコエギを平行にキッチリ並べることができるので、取り出す際に他のルアーにフックが絡まることなく、かさばって蓋が閉まりにくいといったことも防ぎます。

オクトパッシングにはうってつけなアイテムですね!

 

飾っているかのようにタコエギがキレイに並ぶ!

 

3020サイズ! ランガンシステムボックス&バケットマウスにキレイに収まる

「タコエギストッカー」は明邦化学工業のルアーケースでラインナップしている3020サイズ(255×190mm)なので、2大タックルボックスシリーズ「バケットマウス」と「ランガンシステムボックス」にシステム収納が可能!

因みに昨年登場したハンドルストッパー付きのランガンシステムボックス、「VSー7080N」に収納するとジャストフィット!

 

こんな感じで隙間なく収納可能です! モチロン他のボックスにも広く対応しますよ。登場が待ち遠しいですね…。

 

明邦化学工業の新製品解説動画も是非チェック!

出典:YouTubeチャンネル「フィッシングショーOSAKA」

明邦化学工業 MEIHO

明邦化学工業は1947年(昭和22年)創業、大阪市に本社を置くプラスチックボックスやケースなど、色んな収納アイテムの企画製造販売を行っているメーカー。取り扱っているアイテムは、タックルボックス・工具箱、カー用品・救急箱・ピルケース、クラフトケース・各種スプレー・各種ケミカル商品など。 主に「FishingMEIHO」「FishingVERSUS」「GeneralMEIHO」の3ブランドを展開。「FishingMEIHO」「FishingVERSUS」の2つは釣り専門ブランドでバケットマウスシリーズやランガンシステムボックスシリーズなどが人気!