ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【魚に優しく写真映えもする】解禁日までに準備しておきたい!バレーヒルからお洒落なトラウト用ランディングネットが登場

まもなくシーズンインとなる渓流釣り。

そんな、トラウトフィッシングで必須アイテムといえば「ランディングネット」。使いやすいだけではなく、魚に優しくて写真写りの良い物を選びたい。

そんな条件に当てはまるランディングネットがバレーヒルから登場予定。

 

ハンドメイドリリースネット

2021年4月登場予定

魚への配慮とネットインの負荷を軽減し、写真映えも両立、「ハンドメイドリリースネット」。

バレーヒル公式「ハンドメイドリリースネット」詳細ページはこちら

 

魚への配慮と写真映えを両立させるため「ラバーコーティング」仕様に

本来、トラウト用のランディングネットはクレモナネットが主流。

魚をネットインする際も軽く、写真映えもして長持ちするという特長を秘めている反面、魚のヒレを傷つけやすいネット素材でもあります。

大きい魚になると、ヒレ裂けを引き起こしやすくなって弱らせてしまうことも。

そんなことで、世界ではクレモナネットが禁止になったり、メッシュ若しくはラバーネット推奨というフィールドが年々増えてきているとのこと。

そこで! 今回の「ハンドメイドリリースネット」は、従来のハンドメイドランディングネットの美しい木目を持つ天然木を踏襲しつつ、釣った魚をキズ付けないように、ネット素材をクレモナからラバーコーティングに変更されています。

 

クレモナネットと同じような使用感を実現しつつ「写真映え」も両立しており、ネットカラーもブラックではなく、背景色に馴染みやすいオリーブカラーを採用。

よって魚に負担を与えず、使いやすくて写真映えも両立するといったネットに仕上がっています!

 

サイズ&スペック

サイズは全部で4種類! S、M、L、LLの4サイズがラインナップ。

size ネット部寸法(cm)
タテ×ヨコ×深さ
用途 PRICE
S/40cm 40×20×25 渓流
イワナ・ヤマメ
¥7,000
M/55cm 55×26×30 本流
サツキマス
¥9,000
L/72cm 72×35×50 本流
サツキマス
¥11,000
LL/92cm 92×42×65
大型トラウト
¥15,000

 

魚に優しく、写真映えもして使いやすい「ハンドメイドリリースネット」。

気になる方は渓流釣りなどで活用してみてくださいね!

バレーヒル

釣具販売店として戦後スグに創業した谷山商事のルアーフィッシングをメインとするオリジナルブランド。シーバスで人気の「Ja-do」や、雷魚を始め怪魚ゲームで人気の「whiplash factory」などを配下に置き、バス、シーバス、エギング、ジギングほかフレッシュウォーター、ソルトウォーター問わず幅広いアイテムを輩出中。