ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ノリーズの注目新作ワーム「フロントフラッパーカーリー」を伊藤巧が解説

伊藤巧プロによる「たくみづけ」vol.5が公開。メジャーリバー旧吉野川を舞台に激タフを攻略するワザは必見!

いや~、ホントに名探偵コナンばりの推理力には驚くばかり。

サンカクティーサンのネコリグによる攻略がメインとなっているのでぜひご覧ください。

気になりマクる「フロントフラッパーカーリー」

それについては動画をご覧いただくとして、ここではもうひとつ、その時に解説してくれた気になりマクりなルアー「フロントフラッパーカーリー」をピックアップ!

ロケにて伊藤プロが解説してくれたのが次の動画。

気になりマクりな点ですが、こちらのフロントフラッパーカーリー、実は2020年のフィッシングショーでもお披露目されていたものでした。

アメリカでも活躍する伊藤プロ。伊藤プロが、重鎮・田辺哲男さんにリクエストするかたちで生まれたルアーなのです。

現時点ではまだプロトながら、ボチボチ正式デビュー!? 待ち遠しさしかありません!

2020年当時の田辺プロによる解説動画はこちら

ヘビーカバーの奥深くまで攻略!高いスナッグレス性とフッキング性能も魅力

前提として、カバーのより奥に撃ち込めるフリピング系を求めていた伊藤プロ。

ノリーズのルアーにはエスケープツインという名作があるが、対ヘビーカバーという意味ではエスケープツインよりもさらに奥深くに撃てるものがほしかったそうだ。

そして、スッと真っ直ぐフォールしていくのではなく、スゥ~ッと滑り込むようにスライドしてフォールさせたいと。

バルキーな偏平ボディが水中でのスライドアクションを生むわけですが、この偏平ボディにはほかにもメリットが。

ヘビーカバーでの使用となると気になるのがスナッグレス性。この厚みがフックをしっかりホールドしてくれて、障害物に当たったとしても簡単にはハリ先が出ないのです。スナッグレス性が非常に高いわけなのです。

4/0といった番手のストレートフックやオフセットフックでもそのホールド性、スナッグレス性が発揮されます。

そして、ここがまたニクい設計で、障害物に当たってもフックポイントが出にくい設計でありながら、バイト時にはフッキングと同時にフックポイントが素早く露出しフッキングする設計となっています。

スライドでアクションでギルにもザリガニにもなる性能

フロントフラッパーカーリーは複雑な波動を出すのも特徴。

その名の通りフラッパーテールがフロント(ボディ中央部)から出ていて、さらにカーリーテールがあることで立体的な波動でバスを誘います。

また、ボディ自体にも特徴的なリブが入り、水押しが非常に強い。

オススメのリグとセッティング

テキサスリグをメインに、非常に幅広いリグに対応するのも特徴。

リーダーレスダウンhソット、ラバジグのトレーラーとして、ヘビキャロなど、カバー撃ちからスイミングまであらゆるアプローチを高次元でカバー。

ちなみに伊藤プロは軽めのテキサスリグからフットボールリグ、1~1.5ozのヘビーテキサスで使用とのこと。

現時点ではプロトですが、その登場が楽しみです!

ノリーズ(NORIES)

日米のトーナメントで活躍を続けていた田辺哲男が立ち上げたブランドで、ブランド名は田辺哲男の哲男(のりお)からとってノリーズと付けられた。現在はマルキューのウエルエフの人気ブランドの1つとしてバス、ソルト、トラウトという各ジャンルからこだわりのアイテムを多数輩出中。ノリーズのバス関連アイテムで特に人気なのはロッド「ロードランナー」シリーズで、年々ブラッシュアップされ、現在もロングランヒットを記録中。