ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【水面系】ゲーリーの食わせ特化型ポッパー「ポップスラッシュ」はこんなポッパーです

ここ最近、朝夕の気温がかなり涼しく秋の気配を感じるシーズンとなってきた。夏の終わりをシミジミ噛みしめながら、秋の釣りモノに思いを馳せる今日この頃である。さて、夏から初秋に面白い水面系の釣りの中でも、食わせ寄りのルアーであるポッパー。先日発売となったゲーリー・ポップスラッシュだが、今回はこのルアーに焦点をあててみよう。

YABAI・ポップスラッシュ(ゲーリーインターナショナル)

ポップスラッシュはポッパーの中でも特に食わせに特化したルアーで、移動距離を抑えた一点でのテーブルターンが大きな武器である。それを可能にしているのが低重心設計とテール部にあるキールだ。これによりリーズのポケットやクイといったピンスポットを、これまで以上にネチネチと攻略することができるようになったのだ。

低重心設計とキールが特長

アクションはストレートなポッピングではボコンというポップ音をだし、お得意のテーブルターンでは激しいスプラッシュをだしながらバスを誘う。1つで両方のアクションをこなすことができる優等生的ルアーだ。

ちなみに、琵琶湖のような広大なフィールドでは、小規模なウイードパッチやストラクチャーのキワでスローに誘うようなシチュエーションに効果的。

先日、琵琶湖にて行った市村直之氏による実釣では、台風の風が残る中、ポップスラッシュで執念の1尾をキャッチしているので、コチラも参考にしていただきたい。