ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

天龍の「ホライゾン プログレッシブ」に待望のスピニングモデルが2機種登場!

天龍のホライゾン プログレッシブから待望の追加機種、スピニングモデルがリリースされます!

ホライゾン プログレッシブはもともとホライゾンをベースに最先端の素材と製法を導入し、操作性・耐久性を高めたシリーズ最高峰のフラッグシップモデル。

出典:天龍公式ホライゾンプログレッシブ詳細ページ

ベイエリアから近海の浅場、ディープエリアまで視野に入れたラインナップで、バーチカルに攻めることができるベイトロッドのみが展開されていました。

そんななか今回追加されるのは待望の声も多かったスピニングモデルで、HPG612S-MとHPG642S-LLの2機種が追加されます。

発売は2021年初夏ごろを予定。

天龍公式ホライゾンプログレッシブ詳細ページはこちら

追加機種の解説動画はこちら

ライトタックルにおける限界チャレンジモデルHPG612S-M

LENGTH
( m [ft])
PCS. ACTION CLOSED LENGTH
(cm)
LURE WT
(g)
LURE
Best
(g)
PE
(号)
Drag Max
(kg)
REAR GRIP LENGTH
(mm)
PRICE
1.86[6’1″] 2 (O.S.H) R 140 MAX200 150 MAX2.0 5.0 455 ¥53,000

もともと、今回追加されたスピニングモデルの2機種の開発にはベースとなるロッド、ホライゾンLJがありました。

HPG612S-Mで言えばホライゾンLJの「HLJ611S-FM」がベースになっています。

ホライゾンLJの「HLJ611S-FM」の特徴はバットが細いながらもしっかり曲がり、ティップもグラスを採用していました。

出典:YouTubeチャンネル「TENRYU CO.,LTD」

今回のHPG612S-Mはそれをベースにしつつ、ティップはグラスだったところをマグナフレックスの製法を取り入れ、低弾性のカーボンを採用。

マグナフレックス製法により、スムースな曲がりにしつつもティップはソフトに、カーボンにしたことで操作性と感度がUPした仕上がりになっています。

今回はフラッグシップのプログレッシブということもあり、他のベイトモデルと同様にバットにはC・N・T(カーボンナノチューブ)を採用。

ベースモデルでも細いながらも強いパワーを持っていましたが、さらに強く粘る設計になっています。

そしてガイドにはKガイド(チタンフレーム、トルザイトリング)を採用し、糸抜けはもちろん、軽さも追及されているので、かなりシャープなロッドに仕上がっています。

細身で粘るロッドになっているので、ライトタックルにおける限界にチャレンジしたロッドになっています。

水深100m前後のエリアで、100~150g程のジグを軽快に操る、PEラインも上限2号、リーダーも35~40lbで10kgクラスの青物を狙うこともできる性能です。

ライトタックルの限界で勝負したい!そんなアングラーにオススメの一本になっています。

スーパーライト・アドバンスモデル HPG642S-LL

LENGTH
( m [ft])
PCS. ACTION CLOSED LENGTH
(cm)
LURE WT
(g)
LURE Best
(g)
PE
(号)
Drag Max
(kg)
REAR GRIP LENGTH
(mm)
PRICE
1.93[6’4″] 2 (O.S.H) RS 152 MAX100 60 MAX1.5 2.5 410 ¥53,000

スーパーライトジギング向けに作られたモデルです。

60gのジグを使うことをベースに作られたモデルで、全体的にしなやかな印象。

ティップはこちらもマグナフレックス製法で低弾性のカーボンを使用しているので、よりしなやかになり、バットはC・N・T(カーボンナノチューブ)を搭載しているので細身ながらもしっかり粘るロッドになっています。

また、スーパーライトジギングにありがちな大型の魚が掛かったときでも、従来のロッドでは無理なところもしっかり獲ることができる、そんなロッドになっています。

ちなみに、そうしたシーンも踏まえラインは少し太めが使用できるよう、ガイドは少し大きめのものを設置してあります。

ライントラブルを軽減しつつ、ドラグもMAXをホライゾンLJに比べて若干上に設定してあります。

今までのロッドでは物足りないと感じていた方にはオススメのロッドになっています!

開発中の6ft3inchのロッドも…

リリースは未定ですが、6ft3inchのロッドも開発中とのこと。

現在は廃盤モデルとなってしまったホライゾンLJのHLJ63S-Lをベースに、「ネギング」と呼ばれる根魚ジギングをスピニングタックルで行う「スピネギ」に特化したロッドを予定しているとのこと。

ライトに幅広く遊べるロッドになるとのなので、こちらの続報も楽しみに待ちましょう!