ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【価格1万円台/コスパ最強バスロッド降臨】SIC-Sガイド採用でラインナップも豊富!オリムピック「21ベローチェUX」を紹介

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オリムピックが手掛けるバスロッド、「ベローチェ」。

現在、「ベローチェRV」と「ベローチェ・ネオ」の2機種がラインナップ。両機種共に国産にも関わらず、2万円台前半で入手可能。

ビゴーレシリーズに手が届かない方でも気軽に入手でき、上級者のセカンドロッドや入門モデルとしても多用されています。

さて、そんなベローチェシリーズに2021年、コスパ最強なモデルが登場します。

 

21ベローチェUX【オリムピック】

遂に、ベローチェが1万円台で手に入るようになりました! その名も「21ベローチェUX」。

最大の魅力は求めやすい価格帯と、入門ロッドとは思えない品質や性能!

また、ラインナップが豊富なのも魅力で全9機種が揃っています! ビッグベイトなどのヘビーなウエイトを扱える「21GVELUC-74X」や流行りのパワーフィネスに対応した「21GVELUS-611H-PF」といったマニアックな機種なども揃っていますよ!

 

スピニングタイプ

 

ベイトタイプ

オリムピック公式「21ベローチェUX」詳細ページはこちら

 

では、これから「21ベローチェUX」の魅力に迫っていきたいと思います!

 

全番手にステンレスSIC-Sガイドを採用

まず、「21ベローチェUX」の大きな特長というのが、全番手にSIC-Sガイドが採用されているところ。

因みにSIC-SというのはSiCの形状を進化させた物。硬さと滑りの良さはそのままに薄型化し、約9%の軽量化を実現したガイドなんです。

従来のSiCの特長を引き継ぎつつ、トルザイトに迫る薄さ、軽さを実現したガイドでロッド全体の軽量化に加え、操作性も従来のガイドよりもアップしているとのこと!

そんな高品質なガイドが、「21ベローチェUX」に搭載されていると思うと凄くないですか?

 

 

更に、SIC-Sを装着したガイドフレームに関しては、「ステンレスフレームKガイド」を採用! これによってライントラブルが無く、快適に使用することができます。

また、74Xに関してはオールダブルフット仕様に。

 

ブランクスにはグラファイトクロスLVを採用

「ベローチェRV」にはグラファイトクロスを使用していましたが、今回の「21ベローチェUX」に関してはグラファイトクロスLVを採用。

 

グラファイトクロスLVとは?

グラファイトクロスLVはグラファイトクロスと重量、成型厚み、タテ・ヨコの繊維構成比はそのままに、約10%の軽量化を実現した薄い織物。

採用することで、ねじれや潰れに対する強度と軽量化を両立。

 

グリップ・リールシートやジョイント部へのコダワリ

上記で述べたこと以外にも色々拘られている、「21ベローチェUX」。早速注目していきましょう。

 

グリップ・リールシート

まず、グリップマテリアルに関しては高強度・耐食性に優れているEVAを採用。

 

リールシートに関しては、ベイトモデルとスピニングによって違っていて、ベイトモデルはECSリールシート(74XはTCSリールシート)を採用。

スピニングモデルにはVSSリールシートとなっております!

 

ジョイント部

2ピースモデルのジョイント部にはフェルール(逆並継)を採用。まるでワンピースのようなスムースなベンディングカーブを実現します。

74Xは持ち運びに便利なグリップ脱着式です!

1 / 2
次へ