ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

大注目のジャッカル新基軸ルアー「ライザーベイト」の全貌が明らかに!

ライザーベイト008←シーバスや中小型回遊魚用
ライザーベイト004←メバルや小型回遊魚用

さてライザーベイトには海用のライザーベイト008と同007の2種もあるんです。

 

ライザーベイト008

ライザーベイト008は80mmサイズでショアからシーバスをメインに、小中型回遊魚までを狙う事ができるモデル。

飛ぶ→巻く→急浮上

出典:ライザーベイト008

遠浅の河川、干潟などのシャローエリアでのシーバスゲームが特に相性がよく、遠投しての表層攻めが楽にできるのが特長。


【RISER BAIT 008 製品ページ】 http://www.jackall.co.jp/saltwater/pr…

 

ライザーベイト004

そしてもう1つの海用ライザーベイトがライザーベイト 004。
飛ぶ→巻く→急浮上
出典:ライザーベイト004

Name Length weight type Hook Size Price
RISERBAIT 004 40mm 5.6g Sinking #12 ¥1,300(本体価格)

40mmと小型ボディで、ショアから狙うメバルや小型回遊魚までがターゲット。

遠投できるので、ライズがあちらこちらで起こる状況でも、ガンガンと効率よく探ることができるタイプ

【RISER BAIT 004 製品ページ】 http://www.jackall.co.jp/saltwater/pr…

 

 

ライザーベイト008と004の実釣解説動画もYoutubeのJACKALLSTATIONチャンネルで配信されているのでぜひチェック!

 

ライザーベイト誕生秘話

ちなみに、この斬新なライザーベイトはいかにして生まれたのか?についてはジャッカル公式ホームページで明らかになっています。
http://www.jackall.co.jp/voice/23.html

 

 

JACKALL開発担当:佐々木平磨

RISER BAIT(ライザーベイト)は「アマモなどのウィードが水面近くまで生えているところで広範囲にウィードを拾わずに引けるルアー」を作れないかな?というJACKALLソルトチームの嶋田プロのリクエストをうけ、始まったプロジェクトでした。

その後何度か嶋田プロとお話した中である他社製のルアーの話を聞いたことがヒントになり、シンキングのボディを巻くことで急浮上させられないかという発想にたどり着きました。

単純にミノーなど潜っていくためのリップとは逆方向に付けたら浮き上がるのではないかと思い、既存製品のスレン80にプラリップを装着。そしてもっと飛ぶようにウエイトをプラスしてみました。

こうして誕生したのがこの「スレン80改」です。

なんとこれが思った以上にいい感じの動きで、やたら飛ぶのに巻き始めたらすぐにふわっと水面に顔を出す。いきなり良い感じのプロトタイプができてしまいライザーベイトの原型となりました。

さっそくこのプロトタイプをベースにもっと飛距離が出るようにボディを作り直し、リップはもっとキレのあるアクションを目指して金属製のものを取り付けました。そうして完成したプロトはより遠くまで飛び、巻くと急浮上してくるイメージ通りの動きとなりました。

急浮上する特性から開発チームの間で「フジョウ」というコードネームがつけられ、このルアーは世間があっと驚く画期的なルアーになるだろうと思い、情報が漏れないようごく少数のチームで開発を進めていました。

<「フジョウ」の初期サンプル>

その後、リップ形状やウエイトは色々作成しテストをしましたが、結局1番最初に閃きで作ったものがほぼ完成形でした。よく飛ぶ、ただ巻きで誘えるトップウォーターといういたってシンプルなコンセプトとなった「フジョウ」。水面を逃げるベイトフィッシュを捕食するというパターンは、シーバス以外にもあらゆるフィッシュイーターに効くはず。バスやメバルからヒラマサ、マグロまで可能性があるルアーなのでは?ということで、色々な魚種を試してみようと、様々なサイズのフジョウを作り、およそ1年に渡りテストを行いました。

サイズ展開以外にも水飛沫をあげながら水面を滑走するポッパータイプなど様々なバリエーションで現在でも開発が進行中です。

出典:ジャッカル公式VOICE

今後いろんな展開がありそうなライザーベイトから目が離せないですね!

2 / 2
前へ