ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ハンクルミノー・スティーズカスタム】泉 和摩の逸品ミノーがダイワの最新技術をまとって登場!

新製品総力特集2021

ダイワの2021年新作バスルアーをご紹介! それは…。

ハンクルミノー・スティーズカスタム【ダイワ】

2021年登場予定

ハンドメイドミノー界のレジェンド泉 和摩さんの代表作として知られるのが、ハンクルミノー!

そのハンクルミノーにダイワの最新技術が載せられたミノーの最終形態として開発されたのがこの「ハンクルミノー・すスティーズカスタム」。

泉 和摩(Kazuma Izumi) プロフィール

1955年生まれで、福島県出身。東京都在住であり、14歳でルアーフィッシング、ルアーメイキングを開始! 1974年オリジナルミノー「HMKL」を製作。その後、様々な釣りを経験。バスでは日本人として初めてB.A.S.S.トーナメント・トレイルにフルエントリー!豊富な経験に裏打ちされた深い理論と巧みな試合運びは定評があり! 1986年JBTAアングラーオブザイヤー獲得、1992年&1993年津久井湖オープン アングラーオブザイヤー獲得、1997年JBワールドシリーズ 第1戦優勝ほかトーナメントでの輝かしい実績多数。

泉 和摩さんがミノーに求める要素は大きく3つ!

1:細身ボディであること
2:ベイトタックルで遠投ができること
3:サイレントであること

この3要素すべてを高次元で表現したのがこの、ハンクルミノー・スティーズカスタムというわけ。

細いミノーを飛ばすためにサクサス仕様のマグネット重心移動を搭載!またサイレント化を達成するため、MAGLOCK Ver.Sが採用されています。

このシステムによって、キャストしアクションさせた後にウエイトがマグネットで固定されることで、アクションさせストップさせた時も、常にバイトトリガーとなる頭下がりの姿勢をキープしてくれるようになっています。

あと前後のフックアイがサクサス加工された「スイベル仕様」になっていて、ヒツト後、バスの動きにフックが追従して動くので、バラシも激減するとのこと!

以上、ハンクルミノースティーズカスタムをご紹介しました。

DAIWA 実釣ルアーマニュアル ハンクルミノースティーズカスタム 泉和摩

出典:YouTubeチャンネル「Ultimate BASS by DAIWA」

 

泉和摩 ハンクルミノースティーズカスタムで攻める!|Ultimate BASS by DAIWA Vol.304

出典:YouTubeチャンネル「Ultimate BASS by DAIWA」

 

今から春にかけての低水温期、さらにはハイシーズンも使ってみたいビッグミノーですね!