ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

マスクをしても曇らない偏光サングラス!ZPIの『エアエピック』が優秀過ぎた!

ネックウォーマーや防寒用フェイスマスクが不可欠な冬の時期。

こんなときの悩みの種となるのが、偏光サングラスの曇り問題です。

今回紹介するのはそんな曇り問題を文字通りクリアに解決してくれる偏光サングラス、ZPIの「エアエピック」!

特に冬の時期は太陽の光が水面に鋭角に当たり乱反射するため、偏光サングラスが活躍する時期!

まだ偏光サングラスを持っていない、これを機会に買い替えたい!なんてお考えの方!必見です!

伊藤雄大プロによるエアエピック紹介記事はこちら

マスクをしても曇らない!?ZPIの最新偏光サングラス『エアエピック』

マスクでの曇りを解決!レンズ裏に隠された特殊構造!

特に冬の季節におこりがちなマスクなどによる、レンズ曇り問題。

そんな厄介な問題を解決してくれるのがこの「エアエピック」です。

エアエピックはレンズ裏側に目視できないほどの極細の溝を設置し、その溝に水分を逃がすことによって曇り止め効果を作り出しています。

ここでの大きなポイントは、エアエピックは曇りの原因をサングラスの構造で解決しているところにあります。

よく曇り対策でレンズコーティングがありますが、傷やレンズの劣化に弱くコーティングが剥がれてしてしまう場合が多くあります。

それに対しエアエピックは、そうした外傷にも強く、半永久的に使用することができるのです。

特に頻繁に買い替えることが少ない偏光サングラス、一つのものを長く使いたい、そんな方にもオススメのサングラスになります。

着用時に負担を軽減するノーズパッドレスデザイン

日常で眼鏡をかけている方はあまり気にならないかと思いますが、着用習慣のない方にとってサングラスは負担やストレスになりがちです。

もちろんサイズや形の合う合わないで調整は可能ですが、それでも鼻の頭が圧迫は頭痛の原因にもなるため、苦手とする方も多くいます。

エアエピックは極力そういった着用によるストレスを軽減できるノーズパッドレスエアフライフレームを採用しています。

このフレームは他のスポーツ選手にも愛用する人が多く、フィット感に優れ、着け心地も非常に優れた設計になっています。

鼻の頭ではなく、こめかみ部分のパッド(チークパッド)で安定させているので、メガネが苦手な方でも負担なく長時間付けていられる設計になっています!

釣り専用設計のレンズ垂れ角仕様

よくサイクリングやランニングなど他のスポーツ用の偏光サングラスを使用している方も多いでしょう。

実は他の競技用のものだと釣りとは用途の違うため、あまり効果を得られない場合があります。

エアエピックは釣り専用設計になっているため、釣り人特有の下向き視線にあわせて最適なレンズの垂れ角位置に調整してあります。

また、6カーブのディセンターレンズを使用しているので眼の負担を軽減される効果もあります。

フレームカラー展開

ブラック/ブラック

ブラック/ホワイト

ブラック/オレンジ

NEW COLOR:AW(オールホワイト)

レンズカラー

ダークグレー

強い日差しの眩しさや水面からの照り返しをカットし、ナチュラルな色合いを再現。

透過率15% 偏光率99%

ライトグレー(シルバーミラー)

あらゆる天候や1日を通した光量の違いにおいてもよりナチュラルな色合いを再現。

透過率27% 偏光率99%

ライトグリーン(シルバーミラー)

朝夕の薄暗い中でも明るい視界を確保しつつ眩しさを軽減。

透過率21% 偏光率99%

NEW COLOR:ULBG(ウルトラライトブラウングレー)

朝夕、雨や曇りのローライト時に最適なレンズ。

ブラウンカラーによって対象物のコントラストが高く、メリハリのある視界が生まれます。

実践ではカバー奥のシェードやサイトフィッシング等、明るくはっきり見たいシチュエーションに有効。

透過率37% 偏光率98%

スペック

ウエイト:37g

価格:ブラック/ブラック・ブラック/ホワイト・ブラック/オレンジ:¥19,000(税別)

価格:オールホワイト:¥20,000(税別)

ZPI公式エアエピック詳細ページはこちら

ZPI(ジー・ピー・アイ) プロフィール

元々はカスタムチューンメーカーとして高い評価を受けていたZPI。2019年、ZPIは総合釣具メーカーへと生まれ変わった。元来の技術力の高さを生かしたリール「アルカンセ」を皮切りに、リールのみならずロッドもリリース。「アルカンセシリーズ」としてバスフィッシング界で新たな注目株となっている。また、偏光グラス「エアエピック」やフック「EZオフセット」など、分かりやすく使いやすい、それでいてハイスペックなアイテムをさらに拡大中。社名の由来は「Z Performance Technology Inc.」Z:究極の、Performance Technology:性能・技術、Inc.:会社。