ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

書籍『釣りキチ三平の夢・矢口高雄外伝』が世界文化社から登場! 追悼・矢口高雄先生!5年に渡るインタビューで振り返る!

株式会社世界文化社からに書籍『釣りキチ三平の夢 矢口高雄外伝』が登場。

2020年11月20日、急逝した『釣りキチ三平』の生みの親、矢口高雄さん。

釣り漫画「釣りキチ三平」の作者「矢口高雄」さん死去…釣りのすばらしさを教えていただきありがとうございました!

今回発売された書籍『釣りキチ三平の夢 矢口高雄外伝』では、元新聞記者の藤澤志穂子さんが、5年に渡る矢口氏ご本人と関係者へに多くのインタビューを実施。

そのインタビューを通じて矢口さんのマンガ家人生から、マンガの、そして日本の過去・現在・未来が一冊にまとめられています。気になる人はぜひチェックしてみてくださいね!

<著者プロフィール>藤澤志穂子

元全国紙経済記者。学習院大学法学部政治学科卒、早稲田大学大学院文学研究科演劇専攻中退。米コロンビア大学ビジネススクール客員研究員、放送大学非常勤講師(メディア論)、秋田テレビ(フジテレビ系)コメンテーターなどを歴任。著書に「出世と肩書」(新潮新書、2017)。東京都出身。

『釣りキチ三平の夢 矢口高雄外伝』

■著者:藤澤志穂子
■発売日:2020年12月19日(土)
■定価:1,600円+税
■発行:株式会社世界⽂化社

Amazonなどで販売中

<目次>
【第1章】80歳のツイッター
【第2章】断捨離と復活
【第3章】「三平」の原風景
【第4章】地方の時代
【第5章】「エッセイ漫画」の境地~秋田の足跡
【第6章】マンガ家たちとの邂逅
【第7章】「名伯楽たち」との縁
【第8章】描きたかった郷愁~作品の魅力
【第9章】横手市増田まんが美術館