ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ライト クールバッグ】軽量・便利・高保冷!進化したダイワの注目クールバッグを紹介

新製品総力特集2021

クーラーボックスやソフトクーラーなど、保冷アイテムに目がない記者ですが、今回はちょっと気になるNEWアイテムがあるのでご紹介! それは…

ライト クールバッグ(A)【ダイワ】

2021年3月登場予定

このライトクールバッグですが、基本的にはハードインナー構造のクールバッグなんですが、これまであったクールバッグ系の性能と比べると、軽量・便利・高保冷を実現していてかなり進化してるんです!

品番 本体部外寸
(cm)
内寸
(cm)
自重
(kg)
本体価格(円)
20(A) 約28×41×33 約20×34×25 約2.1 8500
28(A) 約28×48×35 約21×41×26 約2.5 9600

ダイワ公式ライトクールバッグ詳細ページはこちら

・素材:アウター/PVC、インナー/スチロール+PE、
肩ベルト/PP

どんな特長があるのか?

正直いろいろありすぎました。ひとまず一覧にしてみると、こんな感じ…。

ライト クールバッグ(A)の特長一覧

・保冷力2.5倍!(※注)従来のクールバッグ「クールバッグFF(L)」との比較

・高保冷力ながらクールバッグ並の軽量
・魚のトゲ等も安心のハードインナー
・外して洗えるハードインナー
・水・汚れの拭き取りやすいPVC表面素材
・小物類の収納に便利な大型ポケット
・フタは確実に固定できるファスナー開閉タイプ
・簡易固定もできる面ファスナーフラップ付きフタ
・滑りにくい滑り止めラバー付き底部

 

それでは特長をひとつずつご紹介していきます!

⾼保冷タイプのクールバッグ

保冷⼒の⾼いスチロール断熱材が採⽤されていて。冷気を逃がしにくく、地表からの熱をやわらげる「3cm厚底形状断熱材」によって保冷⼒を高められています

 

軽量でコンパクトながら容量多め

構造的には軽量な「スチロール断熱材+ハードインナー」方式が採⽤されています。同サイズのクーラーボックスに匹敵する保冷⼒を持ちながらも、クールバッグレベルの軽量さ! 内容量に⽐較しコンパクトなのがうれしい(同容量 クーラーボックス⽐ 本体部体積は、約15%⼩さい)。

500㎖ PETボトル縦置き収納可能←これ重要!
20サイズ/15本程度、28サイズ/20本程度収納可能

 

 

外して洗えるハードインナー

ハードインナーは取りはずす事ができ、洗浄もラクラク

ハードインナーは、⿂のトゲ、氷を含めた固形物の収納にも対応

かぶせフタの裏側もこんな感じでハード素材!

 

 

簡易固定もできるフラップ付きフタ

 

⼩物類の収納に便利な⼤型ポケット

取り外し可能な肩ベルトを標準装備

取り外し可能な肩ベルトを標準装備。両端の雄雌バックルをつなげてキャリー固定⽤ベルト等にも使⽤可能、また肩ベルトを後ろのスリットに通して簡易保持も可能

滑り⽌めラバー付き底部

 

カラーは3種あり

カラーはスプラッシュライム、スプラッシュホワイト、シルバーの3種あり

いやぁー、釣りだけじゃなく、キャンプとかいろんなレジャーに使えそうですね! 機動力がほしい取材用の軽量クーラーとしても使えそうです!

ダイワ公式ライトクールバッグ詳細ページはこちら