ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

サーフ・ショアジギのルアーケースはこれで決まり!筆者がメイホウのVS-906を推す理由!

皆さん、こんにちは!

サーフやショアジギングなどに行くときどのくらいのルアーを使っていますか?

根掛かりを心配して大量に持っていきがちではないですか。

今回は一回の釣行に最適なルアーケース、メイホウのVS-906についてのご紹介です。

持っていき過ぎにご用心!意外と気づかないルアーの総重量。

普段何気なく釣りに持っていくルアーたち。

でも、ウエイトの重いジグやシンペンを大量に持っていったときの重量は1kgを超えることも…

フィッシングベストにルアーを収納した場合、方への負担も非常に大きくなり、キャストやシャクリの労力も考慮すると相当な負荷になってしまいます。

釣りをしていて集中力が続かないのはそうした負荷が原因の場合もあります。

予備を考えてしまいがちですが、必要分を持つようにしましょう。

メイホウのVS-906は持ち運びに最適サイズ

VS-906は7インチでフィッシングベストやショルダーバッグに収まりやすい絶妙なサイズ感になっています。

寸法は横179×縦89×深29mm、プラグとジグあわせてもVS-906に収まるくらいの数が適量ともいえます。

ちなみににVS-906のほかにも7インチの同サイズでセパレートで分けられているタイプのVS-506(フライタイプ)・VS-706(ルアータイプ)・VS-806(ワームタイプ)が展開されています。

メイホウ公式VS-906 (7インチ)(マルチタイプ)詳細ページはこちら

筆者的VS-906の使い分け!

筆者の場合、ジグとプラグでVS-906を分けて使用しています。

2つに分けるといってもあくまで持ちすぎない量に調整しています。

ジグケース

プラグケース

サーフ、ショアジギともに持ち運びやフィッシングベストの収納を考慮して、だいたい400gまでと決めて選別するようにしています。

ぜひ気になった方は普段も持ち運ぶルアーのチェックも含め、VS-906を使用してみてはいかがですか?