ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【海苔がメインのエサに】超シブい冬の真鯛ゲーム!田中亜衣がアプローチ方法を詳しく解説

連載:ジャッカルソルト

皆さん、あけましておめでとうございます! 田中亜衣です。

年末年始と全国的に大荒れの天気になり、中々思うように釣りに行けない日が続いていますね。私のほうは、荒れている合間を縫って沖に出ていますが、年が明けてからは、完全に冬のパターンに移行した感じです。

田中 亜衣(Ai Tanaka) プロフィール

ジャッカルプロスタッフ。業界初のニューハーフアングラー。 筋金入りのタイラバアングラーで、マダイを追い詰めていくタイラバゲームを愛する。 物腰の柔らかいトークと雰囲気とは裏腹な、完全な理論派アングラー。 どんな状況にも対応する柔軟なスタイルで、常に竿頭を目指す。

 

冬の真鯛とは?

冬の真鯛で真っ先に思い浮かぶのが、なんと言っても身の旨さでしょう。

水温が低下すると共に脂肪を溜め込む真鯛。魚体は全体的に真ん丸に肥えて1年で最も美味しくなる季節なんですよ。

 

1月から2月の真鯛は、知る人ぞ知る旨さなんですよ。寒いけど、釣りに行きたい衝動に駆られるのも「その美味しさ故に」ってところが大きいのかも。

では、その美味しい「冬の真鯛」を釣るにはどうしたらいいのか? 今回は少し難しいけど、その価値のある真鯛をゲットできるように少し話してみたいと思います。

皆さんが知っての通り、真鯛は雑食性でいろいろな餌を食べて生きています。貝類、エビ、カニ、ゴカイ類、クラゲ、タコ、イカ、魚など! ほんと、何でも食べますね。

オキアミ

稚イカ

 

たぶん、その時その場所で一番捕食しやすい餌を食べているんだと思います。ただ、何を食べているのかは、その時々の真鯛の活性(体調)によって変わります。

夏場の熱い時は私たちと同じように食欲が低下するし、適水温になる春や秋は食欲も旺盛になります。

 

冬の真鯛は浮き気味

私のホームエリアでは、水温が下がってくると真鯛たちはボトムから離れたレンジで釣れる傾向にあります。

水温が18度を下回る頃から真鯛のバイトするレンジが徐々に浮き始め、15度を切るとほとんどの真鯛が浮いてるの? って感じになります。

寒くなると私たち人間と同じで真鯛も動きが鈍くなり、餌を捕食する時に頑張って追わなくていいようなスピードの遅い餌をセレクトしているんだと思います。

 

「海苔」がメインとなるエサ

その中で代表的なのが「海苔」。瀬戸内海などでは、お馴染みのパターンで海苔が成長する12月頃から捕食し始め、海苔棚から流れてくる海苔を捕食するために真鯛は浮きます。

口元に海苔がついてます

 

海苔のように、そんなに追わなくても捕食できる餌は、この時期まだまだ色々あります。

オキアミやイワシなどの、魚の稚魚なども多少の遊泳力はありますが、どちらかと言うと波に漂ってるって感じですね。

このように真鯛は、より多くの栄養を蓄えるために中層を漂う遊泳力が弱い餌を捕食し、体内に栄養を蓄えて春に行われる産卵に向かっています。

「冬の真鯛はレンジが浮きぎみ」というメカニズムは、このようなことが関係しているかもしれませんね。

 

波動は抑え気味に

そうと分かれば、いつもより上の層まで巻いて真鯛をゲットだぁ! 水深にもよりますが、いつもよりかなり巻いてみてください。

水深の半分くらいまでは十分に可能性はあります。その時に注意してほしいのが波動の弱いネクタイを選ぶことです。

あまり強い波動を出すと嫌われちゃうかもね。先ほども言いましたが、真鯛の気持ちになればできるだけ追わずに捕食したいのよ。

だから波動の大きなものに対しては、元気の良さそうな餌と勘違いされて追うのを諦めてしまうと思うのです。

真冬に私がよく使っていてるのが「ビンビンワームネクタイ ツインテール」。

ジャッカル公式「ビンビンワームネクタイ ツインテール」詳細ページはこちら

 

こちらのワームはストレートとカーリーの2本のテールで構成されています。

そのうちのストレートのテールを根元から切ってカーリーだけにして使います。元々このネクタイは、エラストマー自体を柔らかく設計しており、ゆったりとした波動で真鯛にスイッチを入れるのが得意なのです。

そのネクタイを先程言ったようにカーリーだけにして、ボリュームダウンさせることにより、冬の真鯛にも追いやすいようにカスタムして使っています。

 

皆さんも一度お試しくださいね。

後、リーダーは出来るだけ細くするといいです。これは視覚的に見えにくくなるのか? はたまた、他に理由があるのか分かりませんが、今まで釣りをしてきて肌で感じることです。

だから興味のある人だけ真似してみてね。ちなみに私はPE 0.6号にリーダーはフロロカーボン2号をセットしています。

脂の乗ったこの季節に価値ある1本をゲットして食べてみてください。きっとその美味しさの虜になること間違いないですよ。

それでは皆さん、良い釣りを♪

 

WEB連載「ジャッカルソルト」!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらから、チェックいただければ幸いです!

WEB連載「ジャッカルソルト」=個性ありすぎなジャッカルのSWゲームのプロスタッフ達(田中亜衣・吉岡進・杉山代悟・一宮安幸)によるWEB連載(毎週土曜配信)! 旬なフィールド情報・新テク・NEWアイテム情報マンサイ!タイラバ、アジング、メバリング、ロックフィッシュ、チヌゲーム、ジギングほかSW各ジャンルのタイムリーなネタをお届けっ!