ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

表層メバルプラッギングでオススメ!  控えめアクションでワームチックな誘いができる「シャロ―マジック」を紹介

寄稿:中江 貴洋

中江 貴洋(Takahiro Nakae) プロフィール

生まれも育ちも広島県西部エリア。沿岸住まいという地の利と、ありあまるフィジカルを武器にフィールドへと通う、混じりけ無しのライトゲーマー。LOOP広島支部所属。アクアウェーブ・フィールドスタッフ。

こんにちは、広島エリアで日々ライトゲームを楽しんでいる中江 貴洋です!
いよいよ寒くなってきましたね。この時期になると気になり始めるのがメバルです。

メバルは神経質な反面、様々なアプローチに反応する人気のターゲット。
ジグヘッド+ワームのタダ巻きも効果的ですし、ボトムのマイクロワインドがハマまる場合もあります。またプラッギングも楽しいですよね。

いろんな楽しみ方ができるメバリングの中でも、私が大好きなスタイルは表層プラッギングです!

プラグだと飛距離を稼げますし、風にも強い! また表層攻めということで手返しもよく、メリットが多いです。

 

表層プラッギングで私のイチ押しは「シャローマジック・シリーズ」

さて、そんな表層プラッギングで私のイチ押しアイテムなのが、メバプラの定番「シャローマジック・シリーズ」です。

アクアウェーブ公式シャロ―マジック詳細ページ→シャロ―マジック(45mm)同50同60

 

お気に入りの理由は、控えめな動き!

プラッギングは難しそうに思う人も多いかもしれませんが、ワームチックな大人しいアクションのシャローマジックを使えば、とっても簡単に釣果がだせますよ。

使い方はタダ巻きで表層付近をゆっくり巻いてくるだけ! それで反応がなければスピードに変化を付けたり、自分なりに工夫してみてくださいね!

 

シャローマジック アクション動画

出典:YouTubeチャンネル「Viva / Aquawave Lures」

 

ライズがあれば迷わず45mm、飛距離を出したい時は50mmをセレクト

シャロ―マジックシリーズは45mm・50mm・60mmの3サイズ展開ですが、私の通う瀬戸内エリアでは、ほとんどの場合、45mmと50mmでカバーできます。

ちなみに45mmと50mmの使い分けは…。
水面を見ていて“ピチャ”というライズがあれば迷わず45mm。
飛距離を出したい時は50mmをセレクトしています。

ルアー サイズ ウエイト 価格
シャロ―マジック45 45mm 1.8g ¥1,320(税抜)
シャロ―マジック50 50mm 2.8g ¥1,440(税抜)

すでに、私自身、ガンガンとメバプラを楽しんでしますが、今年はどうやらメバルの当たり年な予感がします!?
メバプラ未体験の方は、ぜひシャロ―マジックをお試しください!

 

実釣シーンや解説動画なども参考に!

出典:YouTubeチャンネル「Viva / Aquawave Lures」

出典:YouTubeチャンネル「Viva / Aquawave Lures」