ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【如何に掛けるかがコンセプト】吸い込むと吐き出せない設計!オーナーばり「メバル弾丸」に注目

登場から20年以上。

メバリング黎明期から活躍する、オーナーばりの超ロングセラー定番ジグヘッド「メバル弾丸」。SWライトゲーマーなら誰もが知るはず。

 

記者も何度もお世話になったジグヘッドです。使っていても非常にバレにくく、フッキングが決まりやすいので、つい使ってしまうんですよね。

釣りをしながらいつも、”何でバレなくて掛かるんだろう?”って考えさせられることも良くあります。

丁度メバリングのシーズン、「メバル弾丸」に早速注目していきます。

 

メバル弾丸【オーナーばり/カルティバ】

 

フック形状に拘りが

追尾してきた魚を如何に掛けるかがコンセプトの「メバル弾丸」。

フック形状にとても拘られたジグヘッドで、最大の特長は”フックがしなること”。基本的に追尾してきてそのまま咥えるだけのようなバイトが多いメバル。

そんなショートバイトを捉える時に硬いフックだと弾いてしまうため、「メバル弾丸」はフックがしなりやすいように細軸でロングシャンクに設計。また、メバルが吸い込みやすいことも考慮してナローゲイプ仕様に。

そうすることでメバルの口にも入りやすく、ジグヘッドを咥えると口のどこかにフックポイントが纏わりついて吐けなくなります。

それだけでなく、刺さるとハズれにくいように針先が若干内向きになっていたり、鈎やワームのダメージを減らす必要最小限のスレッド製手巻きを施したワームキーパーが採用されているなど! とにかくフック形状に拘ったジグヘッドです。

 

バランスのとれた細身のヘッド形状

実際使うと引き抵抗が程よくあり、ある程度風が吹いても操作性を損ない難くメバリングが初めてという方にもオススメ!

バランスのとれた細身のヘッド形状によって、リトリーブ時の直進性や安定性にも優れ、岸壁沿いを丁寧にまっすぐ引く場合や、ストラクチャー沿いをラインのテンションを掛けながらカーブフォールさせるといった使い方にも柔軟に対応してくれます。

また、ヘッド先端の突き出た部分をカットすることでウエイトや姿勢の微調整ができたり、ラインアイも比較的大きめのU型で、ナイトゲームでも通しやすくなっております。

 

2種類のヘッドタイプ

ヘッドは夜光カラーと通常タイプの2種類がラインナップされていますので、使い分けるのも楽しそうですよね! 夜光カラーの場合、初心者の方は特に自分の投げたジグヘッドがどこにあるのか目で確認しやすいのでオススメですよ!

号数 本体価格
0.4-10 ¥350
1.0-8 ¥350
1.0-10 ¥350
1.5-8 ¥350
2.0-8 ¥350
3.0-6 ¥350
0.4-10G ¥350
1.0-10G ¥350
1.0-8G ¥350
1.5-8G ¥350
2.0-8G ¥350
3.0-6G ¥350

 

解説動画もチェック!

出典:YouTube「オーナーばり公式チャンネル」

出典:YouTube「オーナーばり公式チャンネル」

 

バイトが遠い時や、どうしても1本釣りたい! なんて時に「メバル弾丸」が活躍してくれます!

オーナーばり(カルティバ)

1968年創業、2018年には創立50周年を迎えた、老舗釣針メーカー。兵庫県西脇市に本社を置き、地場産業である針の伝統を基盤とし、最先端の技術を駆使し、多彩なニーズに応える企業。ルアー関連商品ブランドはカルティバ