ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【誰でも簡単にプロ並のアクションを!】それを目指したアベンジクランク400

これまで何度かご紹介してきた、アベンジクランク。

正式名称はアベンジクランク400となるようで、いよいよ2021年の早春くらい!?に登場となる予定。

その誕生秘話、といったところがYoutubeチャンネル「ラグゼムービー」にて公開されています。

アベンジクランク400

アベンジクランク400。

公式webサイトなどではスペック詳細はまだ明らかになっていないものの、動画内では全長75mm、ウエイトは24g、潜行深度は4mとあります。

4mダイバー、いわゆるディープクランクにカテゴライズされるかなといったところです。

求めたのは「誰もがイイ動きを出せる」クランクベイト

 

どんなクランクベイトなのか。アベンジクランク400は琵琶湖プロガイド・磯村雅俊さんのイメージを、ラグゼルアーデザイナーである赤松拓磨さんが、バトル勃発!?の末に具現化したもの。

このあたりの顛末は先日配信した記事にて詳しく紹介している。

究極のディープクランク「アベンジクランク400」とコンパクトスピナーベイト「アベンジスピン」、誕生秘話をバスプロガイド礒村雅俊が語る

具体的なポイントとしては…

・動きは大きいが、巻き抵抗が非常に軽い
・急潜行ではなく、やや横方向から潜る
・ウィードにタッチした瞬間の高感度

などが挙げられます。

これらは、より繊細なディープクランキング、より柔軟なディープクランキングを求めてのこと。

これは以前、礒村さんご本人から聞いた話だが「磯村が使っているからウマくいく、じゃなくて誰が使っても同じように使えるモノを目指した」そうだ。

結論からいうと、プロ並みのアクションやテクニックが簡単に出せるディープクランク。それがアベンジ400ということになりそうだ。

【初公開】ラグゼ渾身のディープクランク「AVENGEクランク」&「スイミングショットNEO」を礒村雅俊に直撃!

がまかつ(がまかつ)

1955年創業。大阪府大阪市に本社を置き、シンガポールに本店を置く。釣り竿、釣り針、ウェアなどをメインに製品を開発・製造・販売を行っており、ルアー部門では「ラグゼ シリーズ」が有名である。